Contents Menu

医師の紹介
保険レーザー治療について
皮膚照射レーザーについて
手の甲の血管が気になる方へ
リンク集
研究リスト
医療関係者の方へ
メール相談はこちら
四谷血管ブログ
モバイルサイト
Google

WWW を検索 yotsuya-kekkanclinic.com を検索
病院検索・医院検索 MyClinic-マイクリニック-

四谷・血管クリニックとは

四谷・血管クリニックは脚の静脈が拡張し、むくみ、だるさ、こむら返りなどに悩まされる「下肢静脈瘤」に対する専門のクリニックです。超音波検査による詳細な診断に基づいて、静脈瘤の原因と症状に応じた適切な治療法の御提案。
従来の手術と治療成績は同等で、しかも皮膚に傷跡が残らない血管内レーザー治療は日本有数の実績。
血管内レーザー治療は15分で終了し当日から普段の生活に復帰可能。安心の日本医科大学との診療連携。JR四谷駅徒歩2分という便利な場所にございます。ビル内駐車場有(有料)

下肢静脈瘤治療実績数(日帰り手術)

■血管内レーザー治療
  • ・文部科学省 科学研究助成金で50件(動物基礎実験)
  • ・日本医科大学及び関連病院にて2009年3月まで 203件
  • ・四谷・血管クリニックにて 開院5年3681件
■硬化療法

・2001年〜2009年5月 約950件 
・四谷・血管クリニックにて開院5年1622

(2014年4月13日現在)

血管内レーザー治療のご紹介

血管内レーザー治療のご紹介

「血管内レーザー治療」は、従来の血管を引き抜く治療(ストリッピング治療)に変わる治療法のひとつで、太さ約1ミリのカテーテルを血管に通し、内部からレーザーを照射して逆流した血管を閉じます。
手術時間は片足約15分、出血が少なく、手術後の傷は目立ちにくい小さな傷で済みます。
入院の必要もなく、手術直後から普段通りの生活が可能な為、女性にもお勧めです。

トピックス

※メディア紹介・学会報告についてはコチラ>>

○下肢静脈瘤の症状

下肢静脈瘤の症状はさまざまです。
足がだるい 痛い 重い むくみ かゆみ ほてり 寝ている時足がつる 血管がボコボコ膨れる 血管が浮き出てみえる 皮膚が茶褐色になる 皮膚がぼろぼろになるこのような症状がありましたら、下肢静脈瘤が原因かもしれません。
一度専門病院の外来の受診をお勧めします。

○下肢静脈瘤の治療法

当クリニックでは、下肢静脈瘤の症例数を多く持つ医師が治療に当たります。
下肢静脈瘤の患者さまの症状に合った治療法をご提案いたします。
下肢静脈瘤の治療法は、血管内レーザー治療、ストリッピング手術、高位結紮術、硬化療法、皮膚照射レーザーの5通りあります。
特に当クリニックは、血管内レーザー治療を得意としております。
また目視では確認できないような皮下にある下肢静脈瘤の硬化療法も針を使い行います。
この方法は、日本でも限られた施設でかつ技術のある医師でしかできないものであり、当院の下肢静脈瘤に対する取り組みが顕著に現れている事と思います。

よくあるご質問

足の血管が浮き出て見えるのですが、すぐに診察してもらえますか?

ひとりひとりの患者さまに十分な診察時間を確保する為、初診の方もご予約をお願いしております。ご予約はお電話にて承っております。

初診の日はどのような検査をしますか?

初診の日に超音波検査を行い、静脈が浮き出ている、又は拡張している原因を確定し、適切な治療法をご説明いたします。

静脈瘤はいつ治療を始めた方がよいですか?

風邪などとは異なり、放置して治るものではありません。
症状は少しづつ進行してゆきますので、なるべく早期に治療を開始する方が良いと考えられます。

血管内レーザー治療は診察した当日に受けられますか?

血管内レーザー治療は傷も残らず、片足15分程度で終了いたしますが、超音波検査で原因となっている血管を特定し、血液検査を行う必要もありますので、初診日には行っていません。 日程が空いていれば4日後には可能です。

下肢静脈瘤には血管内レーザー治療の他にどのような治療法がありますか?

従来からある、高位結紮(けっさつ)法・ストリッピング手術・硬化療法・皮膚照射レーザーがあります。
ストリッピング手術は静脈瘤の原因となっている血管を引き抜いて抜去する手術です。
高位結紮法は原因となっている血管を一番上でしばる方法です。
硬化療法は、太い血管には向きませんが、注射で硬化剤を静脈瘤に注入して文字通り硬化させる方法です。
日帰りのストリッピング手術も行っている施設はありますが、全国的には90%以上は入院して行っており、また大学病院では100%入院で行っています。また、傷の大きさ、術後の痛み、内出血などは入院して行う場合とほぼ同様です。当院では行っておりません。
皮膚照射レーザーはクモの巣のような静脈瘤に対して直接レーザーを照射して消失させる方法です。

その他のQ&Aはこちら>>

新着情報

書籍販売

よくわかる最新医学シリーズ『下肢静脈瘤』

医院紹介

医院紹介

血管外科(下肢静脈瘤センター)
内科・放射線診断科

〒160-0004 東京都新宿区四谷1-8-14
四谷1丁目ビル2F

アクセス・診療時間

  • JR四ツ谷駅 四ツ谷口徒歩2分
  • 地下鉄丸の内線 赤坂口  徒歩2分
  • 地下鉄南北線 2番出口  徒歩30秒
有料駐車場有り

診療時間

  日祝
09:00

12:00
15:30

18:00

■木曜午前(日本医科大学付属病院・非常勤講師)
■土曜日午後 ■日曜祝日

下肢静脈瘤チェックテスト

どれか1つでも当てはまると、
下肢静脈瘤の疑いがあります。
  • 脚がだるい・重い
  • 脚がむくむ
  • 脚がよくつる
  • 血管がボコボコと膨らんでいる
  • クモの巣状に血管が浮き出ている
  • 皮膚が硬くなっている
  • 皮膚が茶褐色になっている
下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による指導医認定証