四谷・血管クリニックロゴ

足のむくみやクモの巣状静脈瘤、下肢静脈瘤は新宿区の四谷・血管クリニック
web予約

下肢静脈瘤とは 足のむくみやクモの巣状静脈瘤、
下肢静脈瘤は新宿区の四谷・血管クリニック

下肢静脈瘤とは

【足の静脈の不思議】

静脈の1番の役割は、筋肉やその他の臓器で酸素が消費されて汚くなった血液を心臓や肺に戻すことです。血液は肺や腎臓を経て新鮮な血液となって動脈を流れる血液になります。

足の静脈には、少し深いところを流れるものと、皮膚に近い表面を流れるものがあります。少し深いところにある静脈は、太ももでは通常1本で、膝から下では6本に分かれます。皮膚に近い表面を流れる静脈はたくさんありますが、その代表は、足の付け根から太ももとふくらはぎの内側を経て、内側のくるぶしあたりまで走行する「大伏在静脈」と、膝の裏から外側のくるぶしあたりまで走行する「小伏在静脈」です。

どの静脈も、立った状態になっても重力に逆らって心臓に向かって上に向かって流れていきます。ちょっと不思議ですね。どうして上に向かって流れてゆくのでしょうか。

その理由は3つ考えられています。

1つ目は、足のふくらはぎの筋肉が収縮することで深いところの静脈が押しつぶされるために中の血液が流れること。(図:筋肉の収縮)

筋肉の収縮

2つ目は、呼吸の影響で腹圧が変化しておなかの中の大静脈の圧も変化し、それが陰圧になる時に、足の静脈の中の血液が上方へ引っ張られること。(図:脚の静脈の構造)

2つ目は、呼吸の影響で腹圧が変化しておなかの中の大静脈の圧も変化し、それが陰圧になる時に、足の静脈の中の血液が上方へ引っ張られること。(図:脚の静脈の構造)

血液は心臓から動脈を伝って足のすみずみまで流れ、皮膚や筋肉などを通って静脈へいきます。心臓への帰り道の静脈の中の血液は、重力に逆らって心臓へ、すなわち下から上へ昇らなければなりません。
そのために大切な役割を果たすのが静脈の弁とふくらはぎの筋肉です。足の静脈には多くの弁があり血液の逆流を防ぐことで常に血液を心臓に向かって流しています。さらに、ふくらはぎの筋肉が収縮するたびに足の静脈は圧迫され、弁と協調しながら血液を心臓まで運んでいきます。

この弁がきちんと閉じなくなり、血液が逆流してしまうのが下肢静脈瘤です。

うっ血が起こり足の血液循環が悪くなることで、さらに静脈に血液がたまり血管が徐々に太くなっていきます。はじめのうちは静脈が拡張や蛇行するだけですが、さらにひどくなると足がむくむ、重くなる、疲れやすくなる、さらに進行すると足が痛くなる、つりやすくなるなどの症状が出てきます。

足の静脈の構造
下肢静脈瘤とは
下肢静脈瘤とは

3つ目は、静脈には逆流を防ぐために無数の弁があること。(図:静脈の弁)

さて、どれが1番重要でしょうか?

足の筋肉をいくら動かしても、筋肉の外側にある、皮膚の近くの静脈は膨らんだままです。呼吸による働きも足先の静脈にまではなかなか及びませんし、腹圧があがるようないきんだ状態では足の静脈には下に向かう力がかかります。

そう、重要と考えられているものは3つ目の逆流を防止する弁の働きなのです。弁がしっかり働いてさえいれば、少しでも上にあがった血液は決して下にはさがりません。腹圧があがっても、立って重力がかかっても大丈夫です。

静脈の弁
下肢静脈瘤とは
下肢静脈瘤とは
下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤とは、静脈の中の血管を支える弁が壊れることによって足の血液が停滞してしまい、その結果、足の静脈血管が浮き出て膨らむといった病気になります。命に直接かかわるような病気ではないため放置してしまう方もいらっしゃるのですが、日常生活に影響を与えるようなさまざまな症状が現れますので、やはり治療はした方がよいでしょう。

血液は心臓を中心に体内を循環していますが、心臓から足に送られた血液は、静脈を通過して心臓に戻ることになります。しかし、体内にも重力は存在しますので、血液が流れる過程で上から下に逆流してしまう可能性もあります。それを防ぐために、静脈には弁が存在し、血液が逆戻りするのを防ぎます。

しかし、この下肢静脈瘤では、足の付け根部分や太もも部分の静脈の弁が壊れ、逆流が生じるようになります。そうなると足に血液がたまることになりますので、その部分の静脈が瘤(こぶ)のように膨らんでしまいます。血液関係の病気ですので命にかかわると考える方もいらっしゃいますが、良性の病気になるため放置しておいてもすぐに症状が悪化するということはありません。

しかし、血液が停滞することによって体が疲れやすくなったり、足がつりやすくなる、またはむくみやすくなるなどの症状が現れます。さらに、血液がたまりますので瘤(こぶ)ができて足が膨らんでしまったり潰瘍ができることもあります。放置してしまう方もいらっしゃいますが、特に女性に多い病気ですので、美容の観点から見ても早めに治療した方がよいのではないかと思います。

下肢静脈瘤と痛み

下肢静脈瘤になるとさまざまな症状が発生しますし、逆に症状が全くでないケースもあります。症状には足が重くなったりだるいと感じたり、またはむくみやかゆみなどが出ることもあるのですが、気になる症状の1つとして痛みが挙げられるのではないでしょうか?単純にかゆいだけだったり重いだけだったりした場合は日常生活に大きな影響を与えないかもしれませんが、痛みが発生するとさすがに我慢できなくなると考える方も多いでしょう。

それでは、下肢静脈瘤によって発生する痛みはどのようなものになるのでしょうか?例えば長時間立っていたり長時間動かなかったりした後に、痛みを感じることがあります。長時間、静脈に圧がかかり炎症を起こすことで生じる痛みです。この場合もマッサージをしたり足を上に上げたりすることで、症状を和らげることが可能です。

ただし、血栓性静脈炎になった場合は、強い痛みを伴うことがあります。この血栓性静脈炎は静脈瘤の中に血栓と呼ばれる血の塊ができた状態で、血栓ができた場合は静脈瘤が赤くはれて痛みを伴うようになります。また、症状が悪化すると痛みだけではなく熱が出るケースも少なくありません。

そのため、血栓性静脈炎になってしまった場合は、すぐに血管外科を受診するのがよいのではないかと思います。より良い処置を行わなければなりませんが、知識のない方が勝手なことをやってしまうと症状が悪化してしまう可能性もありますので、早めに専門家に相談すべきです。

下肢静脈瘤とむくみ

特に女性の中には、日常的にむくみに悩んでいるという方もたくさんいらっしゃるのではないかと思います。むくみはさまざまな原因で発生する症状になりますが、実は下肢静脈瘤によってむくみが引き起こされていたというケースも少なくないのです。実際に、むくみやすい方の足を調べてみると、足の静脈で血液が逆流していたということも多いようです。

血液の逆流が発生すると、その部分の血液が滞ることになります。そのため、血液が血管にたまってふくらはぎ部分などの血管が浮き出るようになります。また、静脈の圧が高くなり、血管の外に液体成分がしみ出してむくみの原因となります。

さらに、症状によっては静脈に血栓ができてしまう可能性もあります。固まった血液を血栓というのですが、この血栓が重大な病気を引き起こす原因となります。

例えば、動脈内の血栓は心筋梗塞や脳梗塞などの原因となるということで知られていますが、静脈の血栓は肺の動脈をふさいでしまう可能性があります。肺塞栓(そくせん)と呼ばれる病気で、命にかかわる危険もあります。最初は単なるむくみかもしれませんが、重大な病気へとつながっている可能性もあるため早めに血管外科などを受診するようにすべきです。

下肢静脈瘤の原因

【足の静脈の働きが悪くなると・・・】

さて、重力に逆らって上に向かってゆく足の静脈。特に逆流を防ぐ弁の働きが重要です。しかしながら特に弁が壊れやすい静脈があります。「大伏在静脈」と、「小伏在静脈」です。

「大伏在静脈」は本来、足の内側の表面の静脈を集めて、足の付け根で「大腿(だいたい)静脈」に合流します。「大腿(だいたい)静脈」は少し深いところを流れる足の中で重要な静脈です。もし、「大伏在静脈」の弁の働きが悪くなってしまったらどうなるでしょうか。「大伏在静脈」の中の血液はなかなか上にいけません。上にいけないどころか、ちょっと腹圧があがってしまうと下に向かって流れ始めます。さらに、せっかく「大腿(だいたい)静脈」をあがっていった血液までもが、足の付け根から「大伏在静脈」に入り込んで、下に向かってしまいます。

下に向かった「大伏在静脈」の血液は、「大伏在静脈」そのものをさらに拡張させ、太ももやふくらはぎの静脈にも入り込み拡張させてしまいます。拡張したふくらはぎの静脈、これが「下肢静脈瘤」です。

下肢静脈瘤の原因
下肢静脈瘤の原因

「小伏在静脈」はふくらはぎの外側から裏の静脈を集めて、膝の裏で「膝窩静脈」に合流します。「膝窩静脈」は「大腿(だいたい)静脈」の下の部分で、やはり足の中で重要な静脈です。「小伏在静脈」の弁の働きが悪くなってしまった場合も「大伏在静脈」の場合とほとんど同じです。「小伏在静脈」の中の血液はなかなか上にいけません。ちょっと腹圧があがると下に向かって流れ始めますし、「膝窩静脈」をあがっていった血液も、膝から「小伏在静脈」に入り込んで、下に向かってしまいます。下に向かった「小伏在静脈」の血液は、「小伏在静脈」そのものをさらに拡張させ、ふくらはぎの静脈にも入り込み拡張させてしまいます。これもまた「下肢静脈瘤」です。

下肢静脈瘤の原因

下肢静脈瘤に悩まれる方はたくさんいらっしゃいますが、原因がわかれば事前に病気の発生を抑えることが可能です。それでは、下肢静脈瘤の原因はいったい何なのでしょうか?実にさまざまな原因が考えられるのですが、大きく分けると遺伝と妊娠や出産、それから長時間の立ち仕事などに分けられます。

遺伝的な体質により下肢静脈瘤になりやすい方は、たくさんいらっしゃいます。下肢静脈瘤は男性よりも女性がなりやすい病気になるのですが、親族に下肢静脈瘤の方がいるケースでは、男性も関係なく症状が出やすいです。特に親が下肢静脈瘤の方は、日頃から予防対策をするようにしましょう。

また、女性の中には妊娠と出産を経験した後に下肢静脈瘤ができるケースも少なくありません。しかし、妊娠出産の後にはほとんど症状が出るということはありませんし、出産回数が少なければ出ないことも多いです。逆に、妊娠出産の回数が多ければ多いほど下肢静脈瘤になる可能性が高くなります。

そして、立ち仕事が多い場合も下肢静脈瘤になりやすくなります。例えば、教師の方や看護師、美容師、調理師や販売員などは下肢静脈瘤になりやすいと言われています。また、家事で調理などをする機会の多い方も、同様になりやすいです。要するに、同じ姿勢で立っていることが多い職業の方がなりやすく、進行も早いのです。ずっと立っていることが多い方は、しっかりと予防するようにしましょう。

また脂質異常症、いわゆるコレステロールの高い方は、一般的に動脈が弱くなりがちと言われています。同様に、静脈にも悪影響があると推察されていることもあり、日頃コレステロール値が高いと言われている方は、それ自体の治療とともに下肢静脈瘤にも注意が必要です。

下肢静脈瘤の症状

【下肢静脈瘤のいろいろな症状、どうして?】

「大伏在静脈」の弁の働きが悪くなってしまった場合も、「小伏在静脈」の弁の働きが悪くなってしまった場合も、出てくる症状はほとんど同じと考えてかまいません。

いろいろな症状があります。例えば次のような症状がよく見られます。

  • 足の静脈がポコポコと拡張して目立つ
    (特にふくらはぎの内側に多く見られますが、太ももの前面や内側、時に裏側、ふくらはぎの裏側にも見られます。目立つし、スカートが履けない、夏の暑い時期のゴルフでも短パンになれない)
  • 足がむくむ
    (特に夕方から夜、パンパンに腫れている感じ…)
  • 足が重苦しい
    (特に夕方の階段登りがつらい…)
  • 足がよくツル
    (布団に入ってさあ寝ようとした途端、いててて…)
  • 足がしびれる
    (なんだかいつも足の裏がしびれているような…)
  • 皮膚が黒くなってくる
    (塗り薬を塗っても全然良くならない…)
  • 皮膚が硬くなってくる
    (しかもかゆいし、そこだけ色が黒っぽいし、塗り薬が効かない…)
  • 皮膚に潰瘍(かいよう)ができる
    (最初は小さな傷だったのに、だんだん大きくなってきてなかなか良くならない…)
下肢静脈瘤の症状
下肢静脈瘤の症状

静脈が大きく膨らむのは、重力でたくさんの血液が静脈の中にいつも入り込んできているためです。
むくみや重苦しさは、静脈の血液が足の中に大量にあるために静脈の圧が上昇して、血液の中の液体成分が血管の外に漏れ出してしまうためです。その他の症状は、静脈の血液が、素直に心臓や肺に戻らず、足の中でグルグルと循環してしまい、乳酸がたまって酸素が減った濁った血液がいつまでも足に残ってしまい、炎症が起きやすくなったり、傷の状態が良くならないためです。

下肢静脈瘤の症状は、人によって大きく異なります。ほとんど症状が出ない方もいらっしゃいますし、下肢静脈瘤ができることによってさまざまな症状が現れる方もいらっしゃいます。症状が軽いからと言って放置してしまう方もいらっしゃいますが、その症状が重くなることもありますので、やはり軽いうちに治療しておくに越したことはありません。それでは、下肢静脈瘤になるとどのような症状が現れるのでしょうか?

下肢静脈瘤の症状

初期のころは症状がないことも多いのですが、例えば足が重くなったりだるくなったり、またはかゆみや痛みなどの症状が現れることがあります。また、静脈瘤とともに発疹や皮膚潰瘍、または色素沈着などが現れるケースも少なくありません。その他にも、日常的なむくみがひどくなったりこむら返りが生じたりすることもあります。

この症状は、静脈瘤が太くなるにつれてひどくなるというものではありません。逆に、静脈瘤が細いからと言って症状が出にくいということでもありません。細い静脈瘤でも痛みを伴うケースは少なくありませんし、反対に太いのに症状がほとんど現れないというケースも存在します。

しかし、長時間立っていたり動かなかったりすると、静脈圧が上昇して症状が悪化する可能性が高くなります。そういう時には、ふくらはぎをマッサージしたり足を高く上げたりすることによって症状を軽くすることができます。静脈が滞ることが影響して悪化するケースが多いですので、静脈圧をさげる対策をとるようにしましょう。

下肢静脈瘤の予防

下肢静脈瘤になりやすい原因には次のようなものが考えられています。

  • 妊娠・出産
  • 立ち仕事
  • 肥満
  • 女性
  • 加齢
下肢静脈瘤の予防

そして遺伝も関与していると言われています。妊娠・出産、性別、加齢、そして遺伝は避けられないものですから、予防のしようがありません。
したがって、予防に明らかな働きがあるのは、

  • 立ち仕事を避けること
  • 肥満にならないこと

ということになります。

肥満を解消することは、根性があればできるはずです。しかし、立ち仕事を避けるということに関しては、ご職業が例えば、美容師さんだったり、調理師さんだったりすれば無理な話です。ではそうした場合、予防はできないのでしょうか。
答えは、「一応、できる」ということになります。「一応」とワンクッションを入れたのは、それでも下肢静脈瘤ができてしまうことはあるからです。でも予防しないよりはましです。
女性で、親族に下肢静脈瘤の方がいて、かつ、立ち仕事をされている方が下肢静脈瘤にならないようにするために・・・

  • 数時間に一度、足を椅子の上に乗せたりして横にするような体勢をとる
  • 1時間に1回、足の指でグーパーを10回繰り返す
  • 弾性ストッキングを着用する
下肢静脈瘤の予防

などの方法があげられます。

つまり、短時間でもいいので静脈の弁にかかる負担を減らしておくことです。そして足の血流は足の指をグーやパーにするというごく小さな運動で格段に良くなります。さらに、どうしても長時間にわたって立ち仕事が連続する場合は、弾性ストッキングで静脈が拡張するのを止めておくのです。弾性ストッキングは、弱圧の薄手のものでもかまいません。

長時間の立ち仕事の後に、

  • 足がむくむ
  • 足がだるい

などの症状があるようでしたら、下肢静脈瘤の予備軍です。一度弾性ストッキングを試されるとよいと思います。夕方から夜にかけて症状が軽減されます。できれば弾性ストッキングコンダクターの資格のある方に採寸してもらい、着用についての注意やその後のケアをしてもらうのがよいでしょう。

下肢静脈瘤を防ぐには?

例えば、肥満によって引き起こされる病気は、肥満を解消すれば病気になる可能性が大きくさがります。中には遺伝が原因となって発生する病気も存在しますが、それでは下肢静脈瘤には予防方法があるのでしょうか?下肢静脈瘤になる原因の1つに遺伝がありますが、遺伝するというわけではありません。

もちろん発症する可能性が一般の方よりも高くなりますが、それでも予防をすることによって発生率をさげることができます。それでは、具体的にどのようなことをすれば下肢静脈瘤を防ぐことができるのでしょうか?

さまざまな予防方法の中でより良いと言われているのが弾性ストッキングの着用だと言われています。実際に立ち仕事の多い方は、この弾性ストッキングを着用することによって、静脈瘤を予防することができます。

その他にも、立ち仕事の多い方はじっとしているのではなく、できるだけ足を動かしたり運動したりするのがよいのではないかと思います。じっとしているとどうしても足元に血液がたまりやすくなりますが、動いていれば多少はその血液の停滞を防ぐことができるからです。

また、マッサージをしたり寝転んで足を高く上げたりするのも良いと言われています。専門家の中にはあまりよろしくないという者もいますが、取りあえずご自宅で気軽にできることから始めてみるのがよいのではないでしょうか?

血管外科とは?

現代にはさまざまな病気がありますが、それぞれの病気はそれに合った方法で治療していく必要があります。血管に関する病気の多くは、血管外科で治療することになります。しかし、血管外科という言葉を聞いたことがないという方も多いのではないかと思います。それでは、血管外科とはいったいどのようなものなのでしょうか?

血管は大きく、動脈と静脈の2種類に分類することができます。血管外科では、この静脈と動脈からなる血管に関する疾患を治療します。一般外科とはっきりと分離することは難しいと言われている血管外科ですが、実際に特殊領域として開発が続けられてきています。特に1950年代以降からは、血管に関する手術的治療は良くなっており、現代行われている手術の多くは、それ以前とはほとんど異なります。

血液の病気とはまた異なりますが、血液が通る管の病気になりますので、ほとんど関係ないというわけではありません。血管の病気の中には、すぐにわからないようなものもあれば直接命の危険がないようなものも存在します。しかし、血管が病気になることによって日常生活が健康的に過ごせなくなってしまうことが多いですので、早めに治療するに越したことはありません。

血管外科を利用したことがない方も多いと思いますし、どのような治療をするのかが不安だという方もたくさんいらっしゃるのではないかと思います。しかし、どのような病気も早期発見早期治療が望ましいですので、気が付いた時に血管外科を訪れることをお勧めいたします。

血管外科で扱う病気

血管外科と聞いてもピンとこないという方が多いと思いますが、血管外科で取り扱う病気がわかればなんとなくイメージできるという方も少なくないのではないでしょうか?それでは、血管外科ではどのような病気を扱っているのでしょうか?血管の病気にもさまざまなものがありますが、ここでは代表的な病気を紹介していきます。

例えば、下肢静脈瘤や深部静脈血栓症、リンパ浮腫(ふしゅ)、末梢(まっしょう)動脈疾患、さらに解離性大動脈瘤(りゅう)や腹部大動脈瘤(りゅう)、胸部大動脈瘤(りゅう)などが挙げられます。中には聞いたことがないという疾患もあるかと思いますが、病気の名前を聞けば血管外科で行われる治療法などが想像できるという方もいらっしゃるのではないかと思います。

上に挙げた病気の中には、すぐに治療しなければ命にかかわるという病気もありますし、ある程度は放置しておいても問題ないような病気もあります。しかし、体に異常がある以上は、やはり早めに治療しておいた方がよいのではないかと思います。放置しておいても問題ない病気であったとしても、放置しておくことで症状がどんどんと悪化していくことが多いです。

そうなると治療を始めてから良い状態になるまでに時間がかかりますし、当然その分費用もかかってきます。症状が軽いうちに良くなれば、負担を軽くして治療することも可能です。どこの病院にも血管外科があるというわけではないかもしれませんが、特に上記の病気と診断された場合は、早めにお近くの血管外科を訪れるようにしましょう。

血管の役割と血管外科

血管は誰もが体の中に所有している血液を通す管のことになりますが、実際に自分の血管をその目で直接見たことがあるという方はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか?血液を通すという重要な役割を果たしているのですが、血管はどのような構造になっているのでしょうか?

血管は、外膜と中膜、内膜の3層から成り立っています。体のどの場所にある血管であっても、基本的にこの構造は同じです。3つの膜の中でも、特に内膜は血液が直接当たる場所になりますので、通常は内側が滑らかになっています。しかし病気や生活習慣、老化などによって表面がざらざらになり固くなってしまいます。

体に張り巡らされている血管は、大きく静脈と動脈に分けることができます。動脈は、血液を心室から全身に送り出す経路であり、反対に静脈は全身から心臓へ戻される血液の経路となります。動脈は心臓から勢いよく送り出される血圧に耐えられるように、血管の壁が分厚くなっています。反対に静脈を流れる血液の勢いは低いですので、静脈の血管は薄くなっています。

これらの血管を通る血液には、生命を維持させるための重要な役割があります。栄養素や酸素を全身に運び、さらに各場所で発生する老廃物などを心臓や肺に戻します。血管に何らかの異常が出ると、この当たり前の動きができなくなり、中には命にかかわるような症状が出る可能性もあります。そのため、血管に異常が見られた場合は、早めに血管外科で検査を受ける必要があります。

血管外科と下肢静脈瘤

手足の静脈には、流れた血液が逆流しないように弁がついています。弁がついていることによって逆流を防ぐとともに、血液が心臓に戻りやすくなります。しかし、この弁の働きが悪くなると、血液の逆流が起こったり、皮膚に近い部分の静脈が膨らんできます。

この症状が起こりやすいのは、主に足の部分です。そして、足に発生したこの症状を、下肢静脈瘤と呼びます。はっきりとした原因はいまだに明らかになっていないのですが日常的に見られる病気の1つです。また、特に女性の方や高齢者の方に多く見られます。それでは、下肢静脈瘤になるとどのような症状が見られるようになるのでしょうか?

初期のころは、だるさや軽い痛み、むくみなどの症状を感じることになります。また、実際に足の部分が膨らみますので、見た目が悪くなります。症状が進行していくと、その部分の皮膚の色が黒っぽくなったり、皮膚硬結と呼ばれる皮膚が固くなる症状、皮膚潰瘍や血栓性静脈炎などの症状が現れることもあります。

下肢静脈瘤は日常的に発生しやすい病気ではありますが、命にかかわるような病気ではありません。そのため、しっかりと治療をすればよい状態になることが期待できます。具体的には、弾性ストッキングを着用したり、長時間の立ち仕事を避けるなどしたり、血管外科で治療を受ければ病気を改善することができます。症状によってさまざまな治療法がありますので、担当医と相談してご自身の治療法を決めましょう。

血管外科と胸部大動脈瘤(りゅう)

人間の体の中で太い血管が胸の部分にあるのですが、胸部大動脈瘤(りゅう)はこの部分の大動脈が膨らんだ状態のことを指します。大動脈が膨らむと言っても原因はさまざまですが、通常は直径が正常時の1.5倍以上になった場合が大動脈瘤(りゅう)となります。個人差はありますが、平均的な胸部大動脈の太さは約3センチと言われていますので、4.5センチを超えた場合が大動脈瘤(りゅう)となります。

胸部大動脈瘤(りゅう)になったとしても、60%の方はほとんど症状が出ないと言われています。そのため、日常生活を送る中で胸部大動脈瘤(りゅう)を発見する例は珍しいです。検査を受けてたまたま発見されるというケースが多いようです。しかし、症状が進むと周囲の臓器を圧迫することになります。食道を圧迫して飲み込みにくくなったり、反回神経まひを引き起こして声がかれることがあります。

さらに症状が進行すると、動脈瘤(りゅう)が破裂してしまうことがあります。破裂すると激しい痛みを感じて、胸腔(きょうこう)内へ出血することになります。その際に、吐血や喀血(かっけつ)を引き起こす可能性もあります。破裂してしまうと命にかかわる病気ですので、やはり早期発見と早期治療が求められます。

胸部大動脈瘤(りゅう)を良い状態にする薬はないため、血管外科では手術をすることになります。太くなった血管を人工血管に置き換えるか、または太くなった血管の中に人工血管を入れて破裂を予防する方法などがありますが、血管の場所によっては後遺症をもたらしやすくなったり手術中に死亡してしまうケースもあります。血管外科で検査を受けて、早期発見するのがよいのではないかと思います。

血管外科と腹部大動脈瘤(りゅう)

血管外科の扱う病気の1つに、腹部大動脈瘤(りゅう)が挙げられます。若い方でこの腹部大動脈瘤(りゅう)になる方はあまりいらっしゃいませんが、50代から70代の方に多く見られる病気になります。男性と比べると女性がなりにくい病気ではありますが、高齢を迎える方は気をつける必要があります。

腹部大動脈瘤(りゅう)とは、腹部の大動脈が正常時の1.5倍以上に膨らんだ症状のことを指します。一般的には腹部大動脈は2センチ程度だと言われていますので、3センチ以上に膨らんだ場合は腹部大動脈瘤(りゅう)と診断されます。腹部大動脈瘤(りゅう)が発生する原因はさまざまですが、原因の9割以上は動脈硬化であることがわかっています。その他の可能性として、結核や梅毒などの感染症、ベーチェット病などの炎症を引き起こす疾患などが挙げられます。

症状が現れないケースも少なくないため、検査をして偶然発見されることが多いようです。しかし、瘤(こぶ)が大きくなると周囲の臓器を圧迫するようになりますので、そこで体に異変を感じるようになります。例えば腹痛や圧迫感、腰痛などが症状として現れやすく、さらに進行すると動脈瘤(りゅう)が破裂して死に至る可能性もあります。

そのため、血管外科などで大動脈瘤(りゅう)が破裂する前に外科的治療を行う必要があります。小さな動脈瘤(りゅう)の場合は、血圧をさげる治療を行いつつ定期的にCT検査などで様子を見ることになります。破裂してしまった場合、または大きな大動脈瘤(りゅう)の場合は、手術をすることになります。

血管外科と解離性大動脈瘤(りゅう)

血管は、外膜と中膜、内膜の3層から成り立っています。この3層にはそれぞれの役割があるのですが、何らかの原因によって内側の内膜が裂けてしまい、その奥の中膜の中に血液が入り込んでしまうことがあります。大動脈でこれが発生すると長軸方向に避けてしまうことが多いのですが、これが大動脈解離となります。

中膜に流れ込んだ血液は、今までとは違う血液の流れ道を作ってしまい、それによって血管が膨らんでしまうことになります。その状態を解離性大動脈瘤(りゅう)と呼び、中膜の外側には外膜しかないため、血管が破裂してしまう危険があります。はっきりとした原因がわかっているわけではありませんが、高血圧や動脈硬化が関係しているのではないかと考えられています。

この解離性大動脈瘤(りゅう)が発生すると、突然激痛が発生します。また、症状が進むにつれてその痛みが移っていきます。大きな痛みのため、意識を失いショック状態に陥ってしまうケースも少なくありません。また、裂ける場所によっては脳虚血症状や大動脈弁閉鎖不全、または腎不全や腸管虚血症状などの併発症状を引き起こします。

解離性大動脈瘤(りゅう)を治療する際には、まずは痛みを和らげるために収縮期血圧を安定させます。裂けた部分が心臓などに近い場合は手術が必要ですが、場所によっては生活習慣を改善させつつ様子を見ます。それでも裂け目が大きくなるような場合は、やはり血管外科などで手術が必要になってきます。

血管外科と末梢(まっしょう)動脈疾患

末梢(まっしょう)動脈疾患とは、足の動脈が詰まったり狭くなったりすることによって血液の流れが悪くなり、それによって足にさまざまな症状を引き起こす病気になります。原因はさまざまですが、主に動脈硬化によって下肢動脈や腹部大動脈が詰まって引き起こされるケースが多いようです。

末梢(まっしょう)動脈疾患になっている患者の多くは心筋梗塞や脳梗塞、狭心症などを合併することも多いですので、血管外科でそう診断された場合は全身の動脈硬化についても考える必要があります。それでは、末梢(まっしょう)動脈疾患になることによってどのような症状が引き起こされるのでしょうか?

初期症状としてよく見られるのが、歩行後の太ももやふくらはぎ、おしりなどの痛みになります。しかし、症状が進行するにつれて歩行時にも痛みが続くようになり、やがて痛みなしで歩行できる距離が短くなっていきます。さらに、安静にしている時にも痛みが続くようになり、足の指が壊死(えし)してしまうケースもあります。

しかし、初期の段階で処置を受けていれば、症状を抑えることができます。治療方法としては、まずは動脈硬化の原因となる糖尿病や高血圧、高脂血症などの治療、禁煙などの対策をとることになります。そのうえで薬物療法や運動療法、必要ならばバイパス手術なども行われます。治療が遅れると大変ですので、症状が出ている場合は、血管外科の担当医などに早めに相談するのがよいのではないかと思います。

血管外科と深部静脈血栓症

深部静脈血栓症とは、足部分から心臓へ血液を押し戻す静脈の中に血の塊ができて詰まってしまう病気のことになります。例えば足の表面やふくらはぎなどにある静脈に血の塊ができたとしても直ちに大きな問題につながるということは少ないです。しかし、太ももや膝、下腹部の深部静脈に血栓ができてしまった場合は重症となることが多いです。その塊が心臓や肺に運ばれて肺の血管で詰まってしまうと、肺塞栓(そくせん)症を発生させます。

この深部静脈血栓症になると、まずは片側の足全体やふくらはぎ部分がいきなり赤黒く膨れあがります。同時に痛みが発生し、放置しておくと腫れが続いて皮膚が茶色く変色していきます。また、その部分が潰瘍となるケースも少なくありません。症状が進行して肺塞栓(そくせん)症になると、胸が痛くなったり呼吸困難に陥り、最悪のケースは命を落とします。

深部静脈血栓症の原因はさまざまですが、これといった明確な原因は明らかになっていません。しかし、ホルモン剤を飲んでいる方や寝たきりの方、がんの患者、最近手術を受けたという方がなりやすいと言われています。

深部静脈血栓症を治療するためには、サラサラな血液をするための抗凝固剤が用いられます。症状が悪化してしまうと当然治療に必要な時間も長くなってしまいますので、早期の段階で発見して早めに治療されることをお勧めします。足に何らかの異変があるという方は、血管外科で検査してもらうとよいのではないかと思います。

血管外科とリンパ浮腫(ふしゅ)

リンパ浮腫(ふしゅ)とは、細胞と細胞の間にリンパがたまってしまった状態のことを指します。それでは、なぜリンパがたまってしまうのでしょうか?体内のリンパを輸送するシステムが何らかの原因でうまく働かず、リンパをうまく血液中に戻すことができないからだと言われています。このリンパ浮腫(ふしゅ)も、血管外科で治療可能な代表的な病気の1つです。

がん手術やけがなどによって引き起こされる続発性のリンパ浮腫(ふしゅ)もありますが、原因がよくわからない原発性のものも存在します。しかし原因にかかわらず、リンパ浮腫(ふしゅ)になると足や手などにむくみや腫れなどが現れるようになります。一般的なむくみと症状の区別がつかないケースも多いですが、リンパ浮腫(ふしゅ)第三期にまでなると、症状がはっきりとわかります。

リンパ浮腫(ふしゅ)の治療は、外科的治療と保存的治療の2つに分けることができます。この中で一般的に利用されるのが保存的治療であり、圧迫療法やスキンケア、運動療法などを組み合わせた複合的理学療法が用いられます。リンパドレナージと言った方法もありますが、利用できる医療機関が限られているため一般的ではありません。

外科的な治療をする場合は、リンパ管微小静脈吻合(ふんごう)が行われます。しかし技術力が必要とされる手術になりますので、こちらも限られた医療機関でしか利用することができません。基本的に保存的治療が用いられることが多いと思いますので、まずは血管外科などに相談をしてどのような治療法がふさわしいかを決めるとよいでしょう。

下肢静脈瘤の治療について>>

TOP