四谷・血管クリニックロゴ

足のむくみやクモの巣状静脈瘤、下肢静脈瘤は新宿区の四谷・血管クリニック
web予約

足の血管の病気(下肢静脈瘤など)になる前のセルフチェック 足が痛い時に疑う病気 足のむくみやクモの巣状静脈瘤、
下肢静脈瘤は新宿区の四谷・血管クリニック

「最近、足が痛い」「足のむくみが気になる」という方も、いらっしゃるのではないでしょうか?下肢静脈瘤や閉塞(へいそく)性動脈硬化症といった、足の血管の病気にならないためには、まず、現在の足の状態を知ることが大切です。セルフチェック項目をご紹介いたしますので、ご確認ください。

また、足が痛い時に疑う病気についてもお伝えいたします。

足の健康が気になる方へ!セルフチェック

  • 血糖値が高い(糖尿病である)
  • 中性脂肪やコレステロール値が高い
  • 高血圧である
  • 心筋梗塞や脳卒中になったことがある
  • 透析を受けている
  • 足の爪の形が変形している
  • 高齢である(65歳以上)
  • タバコを吸う
チェックマークを入れるペン

以上の項目に、いくつ当てはまりましたか?一つ以上当てはまる場合は、足の健康状態が低下している可能性があります。複数の項目に当てはまる方は、特に注意が必要です。

足が痛い!足の痛みを起こす病気

蜂窩(ほうか)織炎

細菌感染により、皮膚とその下にある組織が炎症を起こします。身体のどの部分にも感染リスクはありますが、足の皮膚に起こる場合が多いです。皮膚の痛みや発赤、腫れなどが生じます。

痛くて赤くなるふくらはぎ

閉塞(へいそく)性動脈硬化症

足の動脈の壁にコレステロールが蓄積すると、動脈硬化を起こします。血管が細くなることで、足への血の巡りが悪くなると、足の皮膚が黒く変色したり、痺(しび)れたりしてしまうのです。「歩くと足が痛いけれど、しばらく休むと良くなる」という場合が多いです。

痛風

身体の中に尿酸が蓄積することで、関節炎などが起こります。特に、足の親指の付け根に生じる場合が多く、激痛とともに赤く腫れあがるのが特徴です。数日たつと、痛みは徐々に緩和していきます。

エコノミークラス症候群

飛行機の狭い座席に長時間座っていると、血液が滞りやすくなります。それにより、血栓が生じて血管が詰まりやすくなることで、足の腫れや痛みを招いてしまうのです。エコノミークラス症候群という名前ですが、飛行機だけではなく、車内や避難所など、長時間同じ姿勢を続けやすい場所で起こります。

この他に、足の血管が浮き出る下肢静脈瘤もあります。下肢静脈瘤について詳細をお知りになりたい方は、こちらをご確認ください。四谷・血管クリニックは、下肢静脈瘤の診療を中心に、足のむくみやだるさなどのご相談をお伺いしております。

足の血管に違和感がある方~下肢静脈瘤に関するご相談は四谷・血管クリニック~

足の血管の病気を招く前のセルフチェック、足が痛い時に疑う病気についてお伝えいたしました。四谷・血管クリニックは、患者さまの気持ちに寄り添った診療を心がけております。検査結果から原因を把握し、治療方法や情報をご提供いたします。

ご予約は、24時間ご予約可能なネット予約が便利ですので、ご活用ください。

※外部サイトにリンクします。

足のむくみ・下肢静脈瘤に関する基礎知識

TOP