四谷・血管クリニックロゴ

足のむくみやクモの巣状静脈瘤、下肢静脈瘤は新宿区の四谷・血管クリニック
web予約

足の血管がクモの巣状に浮き出る「スパイダースキン」 血管の役割 足のむくみやクモの巣状静脈瘤、
下肢静脈瘤は新宿区の四谷・血管クリニック

「足の血管がボコボコと浮き出ているのが気になる」「足がむくみやすい」などのお悩みはございませんか?

四谷・血管クリニックは、下肢静脈瘤の診療を行っております。こちらでは、血管の役割や、スパイダースキンに関する情報をお伝えいたしますので、どうぞご覧ください。

血管の役割

身体全体に酸素や栄養分を運ぶ役割と、二酸化炭素や不要物を回収する役割をもつのが、血液・血管です。

心臓から送り出された血液は、動脈を通り、全身に酸素や栄養を運びます。酸素や栄養を運び終えたら、毛細血管で二酸化炭素や不要物が受け渡され、静脈を通って心臓に戻ります。

このような循環により、身体の健康は保たれているのです。しかし、何らかの原因で循環がスムーズにいかなくなると、さまざまな不調を招くことになります。

血管の役割を説明する医者

足の血管がクモの巣のように浮き出る「スパイダースキン」とは

スパイダースキンは、下肢静脈瘤の一種です。毛細血管の拡張が原因で、クモの巣状に浮き出てしまうのです。足の血管が浮き出る他、むくみやだるさなども感じやすくなります。

立ち仕事やデスクワークなど同じ姿勢を長時間続けることが多い、家族に静脈瘤の方がいるという方は、スパイダースキンになりやすいので注意が必要です。

スパイダースキンにならないために、デスクワーク中に足首を動かしたり、ウォーキングやスクワットを取り入れたり、日々の生活で筋ポンプを意識してみてください。

下肢静脈瘤にならないための運動方法について、詳細を確認したい方はこちらをチェック

スパイダースキンについて考える女性

スパイダースキン(クモの巣状静脈瘤)の治療法とは

足の血管がクモの巣状に浮き出るスパイダースキン(クモの巣状静脈瘤)の治療は、弾性ストッキングを用いた圧迫療法が基本ですが、状態によっては硬化療法を行います。

硬化療法は、静脈瘤に硬化剤を注入することで、血管の壁にダメージを与えながら治療する方法です。そのため、炎症や色素沈着が起こることがあります。

また、硬化療法を行えない場合などに用いられるのが、皮膚照射レーザーです。身体の外側から静脈瘤にレーザーを照射します。皮膚照射レーザーは、自由診療になります。

硬化療法・皮膚照射レーザーの所要時間、手術後の生活についてお知りになりたい方は、こちらをご確認ください。

足の血管の違和感が気になる方はご相談を

血管の役割や、スパイダースキンに関する情報をお伝えいたしました。「足の血管が浮き出る…」「むくみがつらい…」などのお悩みがある方は、四谷・血管クリニックへご相談ください。四ツ谷駅から徒歩約2分と、アクセスしやすい場所にあります。

また、ビル内には有料駐車場(高さ1.5Mまで)もご用意しております。電車やお車でお越しいただけますので、どうぞお問い合わせください。

※外部サイトにリンクします。

足のむくみ・下肢静脈瘤に関する基礎知識

TOP