四谷・血管クリニックロゴ

足のむくみやクモの巣状静脈瘤、下肢静脈瘤は新宿区の四谷・血管クリニック
web予約

妊娠中に起こると怖い「陰部静脈瘤」。 足のむくみやクモの巣状静脈瘤、
下肢静脈瘤は新宿区の四谷・血管クリニック

妊娠中に起こる体の変化

妊娠すると女性の体にはさまざまな変化が起こります。

今までは意識しなかったものでも、妊娠中はホルモンバランスが変わるためさまざまな影響を受けます。中には放置しておくと母体の健康に影響が出てくるものもあるため注意が必要です。このページでは妊娠中に起こりやすい陰部静脈瘤について、その症状や初期で見分ける方法について紹介します。

陰部静脈瘤とは

静脈瘤という言葉を聞いたことがある人も多いかと思います。

静脈瘤はふくらはぎなどの下半身によく現れる症状で、血管がボコボコと浮き上がります。この症状は、静脈の中で血液の逆流を防いでいる弁の働きが鈍くなってしまったり、弁が壊れてしまうことによって起こるものです。弁がうまく働かなくなることで血液が逆流を起こし、滞ったところが膨らんでくるため、ボコボコとしたコブのように見えるのです。

太ももやひざ、ふくらはぎなどの裏や会陰部にもできることがあり、悪化すると腫れ上がったり炎症を起こし発熱することもあります。

陰部静脈瘤は赤ちゃんに直接の影響はありませんが、重症化すると母体の負担が大きくなるので早期に発見し、対処することが必要です。

妊娠中に陰部静脈瘤ができやすい理由

陰部静脈瘤は妊娠中にできやすくなります。その理由として考えられているのがエストロゲンというホルモンの影響です。おなかの赤ちゃんにたくさんの酸素や栄養を送るため、妊娠中は血液量が増加します。それに伴い血管を拡張されます。また、エストロゲンには血管を広げる作用があり、それによって静脈の中にある弁の働きが鈍くなると考えられています。おなかが大きくなるにつれて周囲の臓器を圧迫されるため、大静脈も圧迫され、下半身の血流が滞りやすくなってしまいます。血液がたまり静脈内の圧力が大きくなると弁にも大きな力が加わり、弁が壊れたり機能が低下してしまい静脈瘤ができやすくなってしまうのです。

陰部静脈瘤に早く気付くポイントは?

妊娠中は静脈瘤ができやすくなるため注意が必要です。

症状に気付いたら早めに医療機関を受診し、治療を行いましょう。

静脈瘤の初期症状として、かゆみやこむら返りなどが起きたり、足が重たく感じられることがあります。足の疲れやむくみだと放置していると静脈瘤だったということもあるので注意して様子を見るのが大切です。また、こうした異変もなく血管がコブのようにボコボコと出てくることもあるので妊娠中は下半身に異常がないかチェックしてみましょう。

陰部静脈瘤の予防法とは

妊娠中に特にできやすくなる陰部静脈瘤ですが、初期症状に見られるような異変を感じても特にコブのようなものが見られない時には、下半身の血流をできるだけ改善するように努めましょう。

日常生活で実践しやすい陰部静脈瘤予防法には、立ちっぱなしの姿勢を避ける、軽いウオーキングを取り入れるといった方法があります。その他に着圧ストッキングなどを着用するのも防止策になります。下半身の異変を感じた場合には早めに病院で診てもらうことも大切です。

まとめ

陰部静脈瘤は妊娠中に起こりやすい病気の1つです。

ホルモンバランスや体形の変化などが主な原因ですが、予防するには立ちっぱなしの姿勢を避けたり、ウオーキングを取り入れること、着圧ストッキングなどを着用することです。赤ちゃんに直接の影響はありませんが、母体の負担になることがあります。

放置しても良くなることはないので、もし体に異変を感じたらすぐに医師の診察を受けることをお勧めします。

関連コラム

TOP