四谷・血管クリニックロゴ

足のむくみやクモの巣状静脈瘤、下肢静脈瘤は新宿区の四谷・血管クリニック
web予約

足のしびれについて 足のむくみやクモの巣状静脈瘤、
下肢静脈瘤は新宿区の四谷・血管クリニック

身近な症状、足のしびれ

じんじんとするようなしびれや、鈍いような違和感が足にあれば病院でどの科を受診したらいいのだろうかと迷ってしまう人もいるでしょう。
日常生活でも身近に感じられるしびれですが、中には大きな病気が原因となっているものもあります。
このページでは足のしびれを感じたらどのようなことに気をつけたらよいのか紹介します。

しびれにはさまざまな原因が

正座をしたり同じ姿勢を取り続けていると起こるしびれは誰でも体験したことがある症状でしょう。
しかし、中には気をつけなければならない重大な病気によって引き起こされているしびれもあります。
病気による足のしびれには大きく分けて3つのパターンが考えられます。

1つ目は大脳の病変によるものです。脳梗塞や脳出血などが原因の足のしびれは突然発症し、体の片側に起こります。
多くの場合足のしびれ以外の症状も出るので突然のしびれや異変が感じられたらすぐに病院で診察を受けましょう。
2つ目は脊髄の変形や腰髄などの圧迫によって起こるものです。

突然発症するものと慢性的に発症ものの両方があり、片側のみに出ることもあれば両側に出る場合もあります。
3つ目は末梢(まっしょう)神経が原因で起こるしびれです。
慢性的で体の両側に起こることが多く見られます。
坐骨(ざこつ)神経痛や糖尿病によるものが考えられます。

緊急性の高い症状とは?

足のしびれの中でも緊急性の高いものと、そうでないものがあります。
緊急性の高いものは放置しておくと命に関わるものです。特に脳の血管に障害が起こることで出たしびれはすぐに病院で検査を受けることが大切です。
突然しびれが出るようになった、足のしびれの他に感覚がまひしたり足が動かないなどの運動まひが出ている場合、強い痛みを伴う際には緊急性が高いと言えます。
片側のみ、両側でのしびれに関わらず異変を感じたら病院で診てもらいましょう。

足のしびれが出る病気の代表例

足のしびれが出る病気の中でも、脳の血管に障害が起こるものやヘルニアなどの他にいくつかの病気が原因と考えられます。
その中の代表的なものを紹介します。
加齢によって起こる足しびれの代表的なものが「変形性腰椎症」です。
高齢者に発生する足のしびれではもっと多く、加齢で椎間板が減ることにより骨が変形する病気です。
レントゲン撮影によって判断できます。
変形性腰椎症がさらに進行すると「脊柱管狭窄(きょうさく)症」になることがあります。
脊椎管狭窄(きょうさく)症では、腰椎にある神経の通り道が狭くなり腰痛や足のしびれが発症します。
歩くと足や腰に痛みやしびれが出るが、少し休むと再び歩けるようになるといった症状が特徴です。
また、糖尿病に末梢(まっしょう)神経が冒され、しびれやこむらがえりを起こす「糖尿病性末梢(まっしょう)神経障害」もあります。

足のしびれを感じたら

足のしびれを感じたら、その原因になる箇所は脳や脊髄、末梢(まっしょう)神経にいたるまで実に多岐に及びます。
整形外科で診察を受ける人も多いですが、神経が原因の場合は緊急を要する病気の可能性があるため、足のしびれ以外にも気になる症状がある・突然しびれが現れたなどの異変を感じたら整形外科ではなく、まずは脳神経内科を受診することをお勧めします。
整形外科で治療を行うことになっても、脳神経内科で原因を調べてもらってからのほうがよいでしょう。

まとめ

足のしびれと一口に言ってもその症状はさまざまで、突然起こるものや慢性的に症状が出るものがあります。
その原因も、脳や脊髄、末梢(まっしょう)神経からくるものなどさまざまなパターンが考えられます。
突然発症するしびれや、痛みや運動障害を伴うものは脳の血管障害など重大な病気が原因で引き起こされている可能性があるため、緊急性の高い症状や、しびれ以外の異変を感じた場合は整形外科ではなくまず脳神経内科で診てもらうことをお勧めします。

関連コラム

TOP