四谷・血管クリニックロゴ

足のむくみやクモの巣状静脈瘤、下肢静脈瘤は新宿区の四谷・血管クリニック
web予約

下肢静脈瘤の手術 足のむくみやクモの巣状静脈瘤、
下肢静脈瘤は新宿区の四谷・血管クリニック

下肢静脈瘤の手術とは

下肢静脈瘤には種類があり、コブや血管が浮き出る伏在静脈瘤と側枝静脈瘤のほか、細い赤や青の血管が皮膚のすぐ下に見える網目状静脈瘤とくもの巣状静脈瘤があります。網目状静脈瘤とくもの巣状静脈瘤の場合、手術は必要とされません。負担の少ない下肢静脈瘤の手術。手術の種類と内容をご紹介します。

手術をする必要性

下肢静脈瘤は軽症の場合、ほとんど治療を必要としないケースが多いものです。

生活習慣の改善に努める、弾性ストッキングをはいて対処するなどの保存的治療で下肢静脈瘤と上手に付き合っていけます。手術をせずに受けられる血管内治療もあります。血管内治療は局所麻酔のみで終わるので、静脈瘤のケースによっては手術より血管内治療が合っていることもあります。しかし、伏在静脈瘤でコブがかなり大きくなって気になる場合や不快な症状が続いて日常生活に支障のある人は手術という選択もできるかと思います。

ストリッピング手術

ストリッピング手術は安定した治療が期待できます。

ストリッピング手術では弁が壊れてしまった静脈を切除して取り除きます。血管の中にストリッパーという器具を挿入し、血管を固定して取り除きます。大きな静脈瘤を取り除くことができる反面、術後に痛みやしびれがあったり低い可能性ではあるものの、再発が懸念されることがあります。

これまで全身麻酔や下半身麻酔により行われ、ストリッピング手術をすると数日は入院が必要でしたが、現在では局所麻酔による手術を行う病院が多くなりました。血管の状態によっては血管内治療が合わない人もいます。その場合はストリッピング手術が有効となります。

まとめ

このページでは下肢静脈瘤の手術について説明してきました。

下肢静脈瘤の症状や状態によっては、手術ではなく硬化療法や血管内治療の方が有効になることもあります。手術になった場合でも、下肢静脈瘤の手術は体への負担もそれほど大きくはないので、必要以上に不安になることはありません。いずれにしても医師とよく相談の上、症状に合った治療方法や手術方法で現在の不快な症状を緩和することが1番大切です。

関連コラム

TOP