四谷・血管クリニックロゴ

足のむくみやクモの巣状静脈瘤、下肢静脈瘤は新宿区の四谷・血管クリニック
web予約

下肢静脈瘤ってどんな病気? 足のむくみやクモの巣状静脈瘤、
下肢静脈瘤は新宿区の四谷・血管クリニック

下肢静脈瘤とは

足にコブのようなものができたり、ヒザの裏周辺の皮膚に青い血管が浮き出て見えたりする下肢静脈瘤は見た目にも気になる存在です。基本的には放っておいても大丈夫ですが、そのままで自然に良くなることはありません。

ここでは下肢静脈瘤という病気がどのようなものか、また、症状や種類などを具体的にご紹介していきます。

下肢静脈瘤の発生の仕組み

下肢静脈瘤とは、心臓から足に送られてきた血液を再び心臓に戻す工程がうまくいかなくなることで起こる病気です。

静脈は心臓に血液を戻すための役割をしており、血液が逆流するのを防ぐ弁を持っています。何らかの理由でその足の静脈の弁が壊れると、血液が逆流し、静脈に血液がたまってコブのようにふくれてしまいます。下肢静脈瘤は、特にふくらはぎに多く起こります。ふくらはぎの筋肉は足にたまった血液を戻すためのポンプの役割をしています。ポンプがうまく働くようにふくらはぎの筋肉を使うことはとても重要です。

下肢静脈瘤によって起こる症状

まず見ただけで分かるのが、足にボコボコしたコブのようなものができることです。また、血管が浮き出て見えるパターンも多くあります。進行すると黒ずんできて、さらに進行すると皮膚がはがれ落ちてしまいます。

この病気により体が感じる症状としては足がむくんだり重く感じたり、だるくなるといったものが多いようです。足がむくんだりだるくなるのは特に夕方から夜に多く、一日の疲れが出てくる時間帯に症状を強く感じます。足がよくつるという症状を訴える人もいます。寝ていてよくこむら返りが起こる症状も下肢静脈瘤の代表的な症状です。そのほかには、かゆみや痛みの症状、皮膚に湿疹ができたり色素が沈着することもあります。また、下肢静脈瘤の進行により血栓性静脈炎や肺動脈塞栓(そくせん)症などの合併症が起こることもあるので注意が必要です。

下肢静脈瘤の種類

下肢静脈瘤の種類は4つに分かれます。

伏在静脈瘤は大伏在静脈や小伏在静脈の弁が正常に機能しなくなることで起こり、大きなコブができるものです。このコブに血液がたまるため、むくみがひどくなったりだるさを感じたりします。

側枝静脈瘤は伏在静脈から枝分かれしている静脈に発症したものです。網目状静脈瘤は皮膚のすぐ下の静脈に見られるもので、青く見えるのが特徴です。くもの巣状静脈瘤は、その名の通り、くもの巣のように広がった赤くて細い血管が見えるものです。網目状静脈瘤とくもの巣状静脈瘤はコブができるわけではなく、ヒザの内側や太ももの外側にできることが多いようです。この2つのタイプは中高年の女性に多く発症しています。

発症の要因

成人女性の約4割に静脈瘤があると言われているほど女性に多い病気です。もちろん男性も発症する病気ではありますが、割合としては女性の方が下肢静脈瘤を多く発症しています。

要因としては立ち仕事や妊娠出産に加え、加齢による筋肉や血管の衰えなども関係しています。長時間立ちっぱなしの仕事をしていることや激しい運動をしていることで静脈の弁が壊れてしまうこともあります。逆に、ほとんど運動せず、あるいは座りっぱなしの仕事でふくらはぎを使わない人も発症するリスクが高まるので注意しましょう。

まとめ

おそらくこの記事を読んでいるのは、ご自身やご家族などが下肢静脈瘤を発症されている方なのではないでしょうか。たくさんの方がかかる身近な病気で、年齢を重ねると発症する率も高くなります。下肢静脈瘤は良性の病気ですが、下肢静脈瘤に似た症状の病気もあるので、不安に思われるようなことがあれば受診してください。

関連コラム

TOP