【診療時間】9:00-12:00 / 15:30-18:00 【休診】木午前・土午後・日・祝

03-6380-6252(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)
初診の方へ(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)アクセス(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)ご予約・お問い合わせ(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)

四ツ谷駅徒歩2分・駐車場有・各種保険対応
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-8-14 四谷1丁目ビル2F

24時間ネット受付

市民健康セミナーのお知らせ。
血管外科は東京新宿区の四谷・血管クリニックへ

足のむくみは病気の症状? 血管系・リンパ管系の違い 超音波検査と手術なら | 四谷・血管クリニック

下肢静脈瘤治療専門の血管外科|四谷・血管クリニック»  足のむくみは病気の症状?血管系・リンパ管系の違い 超音波検査と手術なら | 四谷・血管クリニック

医師のご紹介

医師のご紹介

ご挨拶、略歴、所属学会、論文、学会発表、著書などのご紹介

レーザー/高周波治療について

保険レーザー治療について

当院では、今までに保険収載された血管内レーザー治療機器に加え、平成27年12月に新たに保険収載されたレーザー機器もすでに導入しています。

皮膚照射レーザーについて

皮膚照射レーザーについて

皮膚照射レーザーの施術動画や治療の流れについて

手の甲の血管が気になる方へ

手の甲の血管が気になる方へ

レディエッセとは、皮膚充填剤による治療とは?など

メール相談はこちら

がんリスクスクリーニング 予約にて承っております

四谷血管BLOG

血管お悩み解決コラム

研究リスト

医療関係者の方へ

ドクターズ・ファイル

mobile

携帯電話専用ページは左記のQRコードよりご覧ください。

院長の最新の著書が出版されました

 

CLINIC INFORMATION(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)

四谷・血管クリニック

血管外科(下肢静脈瘤センター)
内科・放射線診断科

【所在地】
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-8-14
四谷1丁目ビル2F

【アクセス】
JR四ツ谷駅 四ツ谷口徒歩2分
地下鉄丸ノ内線 赤坂口徒歩2分
地下鉄南北線 2番出口 徒歩30秒

有料駐車場有り

医院紹介(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)

診療時間(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)

地図(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)

院内写真(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)

足のむくみの原因は様々で、一時的なものであればそれほど心配する必要はありません。

ただ、加齢と共に足のむくみを感じるようになったり、関節痛や体重の増減が激しくなったりと、他の症状が現れる場合は病気のサインである可能性もあります。

東京新宿区にある血管外科、四谷・血管クリニックは、下肢静脈瘤を専門としたクリニックのため、足のむくみに悩む方はぜひご相談ください。

こちらでは、足のむくみと病気の関係について知っていただくために、血管系とリンパ管系の違い、注意したい主な病気をピックアップしてお伝えいたします。

むくみを生み出す血管系とリンパ管系の働きはどう違うのか

ふくらはぎのむくみが気になる女性

人間の体内では、主に動脈・静脈、リンパ管が体液の循環を担っています。この動脈・静脈は「血管系」、リンパ系は「リンパ管系」と呼び分けられ、それぞれ微妙に異なる働きをしています。その違いを見ていきましょう。

血管系の働き

血管系の働きは、心臓から送り出すきれいな血液を動脈が末端細胞へ届け、全身から心臓に汚れた血液を静脈が運ぶというものです。体液の約9割が直接静脈に流入して循環しています。

リンパ管系の働き

静脈に回収されなかった体液の約1割は間質液と呼ばれ、リンパ管系が回収する仕組みです。こうして吸収された間質液をリンパ液と言います。リンパ液はリンパ管を通って心臓の近くまで流れ、静脈角で静脈に流入して体液の循環に戻ります。

血管系・リンパ管系の違いで変わるむくみ

むくむという症状は、血管系とリンパ管系の違いがわかると理解しやすくなります。血管系が原因のむくみは、動脈・静脈・心臓の循環機能や、腎臓の排尿機能が低下し、水分が体内に溜まる状態を言います。

一方リンパ管系のむくみは、過剰なリンパ液が回収されずに溜まり、身体が膨れた状態になることです。

足のむくみを引き起こす注意が必要な病気とは

血管内の水分量によるむくみ

可能性のある病気 状況
心不全 心臓が血液を循環できていない
腎不全 腎臓が水分を尿として排泄できていない
下肢静脈瘤 下肢の静脈に水分が溜まっている
深部静脈血栓症 静脈内の血栓で血管が圧迫されている
子宮筋腫など 腫瘍により血管が圧迫されている

血管内の浸透圧低下によるむくみ

可能性のある病気 状況
ネフローゼ症候群 アルブミンが腎臓から漏れている
肝硬変 アルブミンの生産が低下している
消化管の病気 栄養失調で血管に水分の吸収ができない

血管透過性が上がることによるむくみ

可能性のある病気 状況
内分泌疾患 甲状腺疾患などが原因で血管自体が血液を保てない
膠原病 リウマチ関連疾患などで血管自体が血液を保てない

足のむくみが片足だけか、両足に出ているかによって、病気が身体のどのあたりに隠れているのかを知る目安にもなります。

片足のみの場合は、骨盤よりも下の方に起因している可能性が高く、両足がむくむ場合は骨盤よりも上の病気に起因していると考えられているのです。

むくみが慢性的に続き、症状が重くなってきたと感じる場合には、一度四谷・血管クリニックへご相談いただき、検査を受けることをおすすめします。

むくみの症状を超音波検査とレーザー手術などで治療する四谷・血管クリニック

バインダーを片手に持つ女性スタッフ

足のむくみに悩む方へ、足のむくみと病気の関係、血管系・リンパ管系の違いについてお伝えいたしました。

東京新宿区の血管外科である四谷・血管クリニックは、下肢静脈瘤の血管外科として患者様の足のむくみ改善に努めています。

下肢静脈瘤は足のむくみの他にも、だるさやこむら返りといった症状が出るため、超音波検査やレーザー手術などを通し治療いたします。

レーザー手術は約15分と日帰り可能で、傷跡もほとんど残りません。

もちろん、治療法はレーザー手術だけではありません。下肢静脈瘤の原因と症状に応じ、お一人お一人に合わせた治療法をご提案いたします。検査のご予約はお気軽にお問い合わせください。

足のむくみが病気か一時的なものなのか調べたい方は四谷・血管クリニックへ

施設名 四谷・血管クリニック
住所 〒160-0004 東京都新宿区四谷1丁目8-14 四谷1丁目ビル2F
TEL 03-6380-6252
URL https://www.yotsuya-kekkanclinic.com/
診療時間 9:00-12:00 / 15:30-18:00
休診 木曜日午前(日本医科大学付属病院・非常勤講師)・土曜日午後・日曜祝日
アクセス

JR四ツ谷駅 四ツ谷口徒歩2分

地下鉄丸ノ内線 赤坂口徒歩2分

地下鉄南北線 2番出口 徒歩30秒

有料駐車場有り

ページの先頭に戻る