【診療時間】9:00-12:00 / 15:30-18:00 【休診】木午前・土午後・日・祝

03-6380-6252(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)
初診の方へ(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)アクセス(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)ご予約・お問い合わせ(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)

四ツ谷駅徒歩2分・駐車場有・各種保険対応
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-8-14 四谷1丁目ビル2F

24時間ネット受付

トピックスの掲載
血管外科は東京新宿区の四谷・血管クリニックへ

TOPICS

下肢静脈瘤などの静脈瘤の治療は東京新宿区の四谷・血管クリニックへ

医師のご紹介

医師のご紹介

ご挨拶、略歴、所属学会、論文、学会発表、著書などのご紹介

レーザー/高周波治療について

保険レーザー治療について

当院では、今までに保険収載された血管内レーザー治療機器に加え、平成27年12月に新たに保険収載されたレーザー機器もすでに導入しています。

皮膚照射レーザーについて

皮膚照射レーザーについて

皮膚照射レーザーの施術動画や治療の流れについて

手の甲の血管が気になる方へ

手の甲の血管が気になる方へ

レディエッセとは、皮膚充填剤による治療とは?など

メール相談はこちら

がんリスクスクリーニング 予約にて承っております

四谷血管BLOG

血管お悩み解決コラム

研究リスト

医療関係者の方へ

ドクターズ・ファイル

mobile

携帯電話専用ページは左記のQRコードよりご覧ください。

院長の最新の著書が出版されました

 

CLINIC INFORMATION(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)

四谷・血管クリニック

血管外科(下肢静脈瘤センター)
内科・放射線診断科

【所在地】
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-8-14
四谷1丁目ビル2F

【アクセス】
JR四ツ谷駅 四ツ谷口徒歩2分
地下鉄丸ノ内線 赤坂口徒歩2分
地下鉄南北線 2番出口 徒歩30秒

有料駐車場有り

医院紹介(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)

診療時間(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)

地図(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)

院内写真(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)

下肢静脈瘤の原因について

下肢静脈瘤の原因について

身近な病気、下肢静脈瘤の原因について

下肢静脈瘤は命にかかわるような病気ではありません。必要以上に心配になることはありませんが、気になるその原因にはどんなものがあるのでしょうか。
原因が分かれば下肢静脈瘤の改善につながる方法を考えることができ、増やさないための予防法で対策を取ることができます。下肢静脈瘤の原因とその種類について説明致します。

下肢静脈瘤の原因

下肢静脈瘤は足の血管の静脈の病気です。
静脈は、心臓から送られた血液が全身に栄養を運び終えた後、その役目が終わった血液を心臓に戻す役割があります。足の静脈は重力に逆らって足から再び心臓へと血液を送らなければなりません。静脈の中には弁があり、血液が足の方に戻ってしまわないよう防いでいます。正常な場合は弁の働きで血液が上に流れて心臓へ戻る力がありますが、静脈弁が壊れてしまうと血液の逆流により静脈が拡張して静脈瘤が発生します。
具体的な原因としては加齢によるもの、立ち仕事やエコノミークラス症候群、妊娠出産のほか肥満や遺伝、激しいスポーツを行っていることや背が高いことなどがあります。

加齢と体質によるもの

加齢による下肢静脈瘤の原因としては、老化により血管のしなやかさが失われ、弱くなることから静脈の弁が壊れてしまうことにあります。また、弁の働きに問題がある遺伝によってなる人もいると言われています。ほかには肥満も原因のひとつとなります。体が重いということは足に負担がかかります。そして、 意外なことに背が高くて足が長いと静脈も長く、血液を戻す際の負担が大きくなるようです。このように、加齢や高身長など、自分では防ぎようのないことが原因で起こってしまうケースもあります。

職業や行動によるもの

下肢静脈瘤になりやすい職業としては美容師や理容師、教員や看護師やカウンターで働く料理人など、狭い範囲で長時間の立ち仕事をしている方です。
立ちっぱなしだけではなく座りっぱなしの人や運動不足の人もふくらはぎの筋肉の働きが悪いために下肢静脈瘤が起こりやすくなります。そのほかには激しいスポーツ、例えばマラソンやバスケットボール、バレーボールのように足に負担がかかるようなスポーツをしている人も下肢静脈瘤を発症しやすいようです。立ちっぱなしや座りっぱなしの仕事をしている人は意識的に動いて下肢静脈瘤の発症を防ぐことができるかもしれません。

女性の方がなりやすい

性別で言うと、男性よりも女性に多い病気です。女性は筋力が男性より弱く、血液を心臓へ戻す力も弱いと考えられます。
妊娠時に黄体ホルモンが増加すると静脈が柔らかくなり、弁が壊れやすくなって下肢静脈瘤が起こることもあります。また、妊娠してお腹が大きくなると腹部の静脈が圧迫されるため足の静脈にも影響が出ます。そのため妊娠出産経験者にも多く発症すると言われており、出産経験の多い人の方がより発症しやすいようです。女性の場合、美容の観点から下肢静脈瘤を気にする人も多いので、男性に比べて下肢静脈瘤で病院を受診する割合も高いかもしれません。

まとめ

下肢静脈瘤は良性の病気ですが、放っておいて自然に治癒することはありません。
上記で紹介した原因に心当たりのある方は、悪化を防ぐためにマッサージをおこなう、むくみを改善するなどの方法を試してみてはいかがでしょうか。また、筋肉を鍛えることも有効です。適度に運動することで血液の循環を良くすることができます。症状に強い不安がある方、美容的に見た目が気になる方は専門医に相談して適切な治療を受けて下さい。

2018-11-09 10:25:00

血管お悩み解決コラム

 
ページの先頭に戻る