【診療時間】9:00-12:00 / 15:30-18:00 【休診】木午前・土午後・日・祝

03-6380-6252(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)
初診の方へ(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)アクセス(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)ご予約・お問い合わせ(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)

四ツ谷駅徒歩2分・駐車場有・各種保険対応
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-8-14 四谷1丁目ビル2F

下肢静脈瘤の治療方法と治療の流れ

下肢静脈瘤の治療

下肢静脈瘤などの静脈瘤の治療は東京新宿区の四谷・血管クリニックへ

医師のご紹介

医師のご紹介

ご挨拶、略歴、所属学会、論文、学会発表、著書などのご紹介

レーザー/高周波治療について

保険レーザー治療について

当院では、今までに保険収載された血管内レーザー治療機器に加え、平成27年12月に新たに保険収載されたレーザー機器もすでに導入しています。

皮膚照射レーザーについて

皮膚照射レーザーについて

皮膚照射レーザーの施術動画や治療の流れについて

手の甲の血管が気になる方へ

手の甲の血管が気になる方へ

レディエッセとは、皮膚充填剤による治療とは?など

メール相談はこちら

がんリスクスクリーニング 予約にて承っております

四谷血管BLOG

研究リスト

医療関係者の方へ

ドクターズ・ファイル

mobile

携帯電話専用ページは左記のQRコードよりご覧ください。

CLINIC INFORMATION(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)

四谷・血管クリニック

血管外科(下肢静脈瘤センター)
内科・放射線診断科

【所在地】
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-8-14
四谷1丁目ビル2F

【アクセス】
JR四ツ谷駅 四ツ谷口徒歩2分
地下鉄丸ノ内線 赤坂口徒歩2分
地下鉄南北線 2番出口 徒歩30秒

有料駐車場有り

医院紹介(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)

診療時間(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)

地図(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)

院内写真(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)

下肢静脈瘤の治療

下肢静脈瘤の治療

【下肢静脈瘤の治療はどうしよう・・・】

「下肢静脈瘤」の治療は、逆流防止弁が壊れてしまった静脈の治療と、ふくらはぎなどに大きく拡張した静脈の治療に分けられます(さて、どちらが最初にすべき治療でしょうか)。

「下肢静脈瘤」という病気の状態は、たとえるならば、開けっ放しになった蛇口、そこにつながれたホース、ホースの下に置かれたバケツ、といった状態に似ています。蛇口が開きっぱなしなのでバケツはあふれてしまっています。

開きっぱなしの蛇口とホースが、逆流防止弁の壊れてしまった「大伏在静脈」や「小伏在静脈」をあらわします。あふれてしまったバケツが、ふくらはぎなどに大きく拡張した静脈や、むくみなどの症状をあらわします。

蛇口が開きっぱなしでバケツがあふれている場合、3つの対処法が考えられます。

●一つ目は、バケツをひっくり返して空にすることです。治療でいえばふくらはぎに大きく拡張した静脈を切り取ってしまうことですね。これで十分でしょうか?蛇口は開きっぱなしなのでまたいずれバケツはあふれます。つまり静脈瘤は必ず再発します。それよりなにより、蛇口が開いているので、脚のむくみやツリといった症状は治りません。

●二つ目は、ホースを途中で踏んづけてしまう方法です。糸で縛ってもいいかもしれません。治療でいえば、「大伏在静脈」や「小伏在静脈」を縛ってしまう方法です。しかし、蛇口から出る水の水圧はかなりのものです。踏みつける力が足りないかもしれないし、糸は切れてしまうかもしれません。静脈瘤や症状は極めて高い確率で再発します。

下肢静脈瘤の治療 下肢静脈瘤の治療
下肢静脈瘤の治療

●三つ目は、蛇口を閉めること、ついでにホースをとってしまうことです。治療でいえば、「大伏在静脈」や「小伏在静脈」をなるべく長い範囲で、閉塞させたり取り除くことです。バケツはもうあふれませんね。静脈瘤は程度に個人差はありますが必ず小さくなるし、何より症状が改善します。

さて、皆様はどの方法が最も合理的だと考えますか?

当然三つ目の方法ですね。

閉塞させる方法が、近年主流になりつつある「血管内レーザー/高周波治療」です。取り除く方法が、昔からある「ストリッピング手術」です。

下肢静脈瘤の治療のこと

さて、下肢静脈瘤をどのように治療するかで、5つの考え方があります。
1つ目は原因血管を閉塞させる方法、血管内レーザー/高周波治療で、2つ目は原因血管を取り除いてしまう方法、ストリッピング手術、3つ目は原因血管をしばる方法、高位結紮術、4つ目は静脈瘤に直接細い針を刺し硬化剤を注入する硬化療法、5つ目はクモの巣のような静脈瘤に直接レーザーを照射して消失させる方法です。

  • 血管内レーザー/高周波治療法
  • ストリッピング手術
  • 高位結紮術
  • 硬化療法
  • 皮膚照射レーザー

下肢静脈瘤治療法その1:血管内レーザー/高周波治療

血管内レーザー治療

この方法は当院が力を注いでいるレーザー/高周波で原因血管を閉塞させる方法です。太ももの内側の静脈が原因の場合、膝のあたりからカテーテルというボールペンの芯程度の細い管を挿入します。そしてその中にファイバーを入れて、血管の内側からレーザー/高周波を照射し血管を閉塞させます。

この方法の一番の利点は、治療が15分程度で終了し、当日から普段の生活が出来ることです。入院は必要ありません。術後の痛みや内出血も手術より格段に少なくなります。治療成績は手術とほぼ同等と考えられています。

下肢静脈瘤治療法その1

当院の特徴として、下肢静脈瘤の血管内レーザー/高周波治療でのカテーテルの挿入に皮膚を切開することは決してありません。必ず針を使って行います。ですから皮膚に傷がまったく残りません。
これは、がんなどの治療で放射線科が行う低侵襲治療法、血管内治療法のやり方と同じ方法です。ですから米国では下肢静脈瘤の血管内レーザー治療の4割は放射線科医が行っています。

当院では、最新型の血管内レーザー/高周波治療機器を導入し、従来の機器による治療よりさらに痛みと内出血を軽減させております。長年血管内治療に携わっている医師が担当いたします。

また、大学病院、関連病院との連携も常時保たれており(日本医科大学付属病院にて週1回、静脈外来担当)、安心して治療をお受けしていただけるものと確信しております。

より詳しい下肢静脈瘤の血管内レーザー/高周波治療につきましてはこちらをご覧ください。

詳しくはこちら>>

下肢静脈瘤治療法その2:ストリッピング手術 ※当院では行っておりません。

原因血管を手術で取り除いてしまう方法です。
太ももの内側の静脈が原因の場合には、足の付け根と膝の付近の皮膚を切開し、血管を露出して血管の中に金属製のワイヤーを通します。
そしてワイヤーと血管を絡みつけ、血管を引き抜くやり方です。
通常は4~5日程度の入院をして行うものですが、最近、日帰りでも手術が可能になってきました。
ストリッピング手術では、皮膚に切開した傷が残ります。術後にある程度の痛みがあり、血管に沿って内出血が生じます。
現在の日本の医療状況では90%の施設で入院で行っています。大学病院ではほぼ100%、入院で施行されています。
理由は切開の大きさと感染の予防、術後の疼痛管理、などの理由があげられます。

下肢静脈瘤治療法その3:高位結紮術

下肢静脈瘤の原因となっている逆流血管が屈曲・蛇行している場合などには、結紮(けっさつ)術を用います。皮膚に局所麻酔を行い、1~2cm皮膚を切開し、原因血管をしばる方法です。局所麻酔しか用いませんので、血管内レーザー/高周波治療と同様に日帰りです。
結紮後、1か月程度でその4にある硬化療法を追加する場合があります。

高位結紮術と硬化療法の組み合わせによる治療の原理

血管の正常な絵

血管の正常な絵

結紮術の絵

結紮術の絵

下肢静脈瘤治療法その4:硬化療法

小さな静脈瘤に対してや血管内レーザー/高周波治療・高位結紮術の後に追加治療として行います。
静脈瘤に直接細い針を刺し、硬化剤という薬を注入します。硬化した静脈瘤は半年程度で消失します。

当院では、皮膚に埋もれた表面から見えない静脈瘤に対しても超音波を使って硬化療法を行うことが出来ます。現在この方法が使用可能な施設は全国でもごくわずかです。

硬化療法

下肢静脈瘤治療法その5:皮膚照射レーザー

細かい下肢静脈瘤に対しては、注射して行う硬化療法の他に、
皮膚に直接レーザーを照射して消失させる皮膚照射レーザーがあります。

マッチ棒より太い静脈瘤には適しませんが、クモの巣のような静脈瘤には有効です。
(自由診療となります。)

施術動画はこちら>>

下肢静脈瘤の古典的手術方法

下肢静脈瘤の古典的で代表的な手術として挙げられるのが、ストリッピング手術です。このストリッピング手術は下肢静脈瘤に対する最も根幹的な治療の1つと言われており、具体的には下肢静脈瘤の原因となっている弁不全静脈を抜き取ってしまいます。もともと体に備わっている機能を取り除くことになるため術後に激しい痛みがあるのではないかと思われる方もいらっしゃいますが、痛みの程度は弱いといわれています。

具体的には、ひざ下などに数センチ程度の小切開を加えてストリッピングワイヤーを挿入し、麻酔で出血や痛みを抑えた後に静脈を取り除くことになります。手術は非常に簡単で、1時間もかからずに終わってしまうことが多いです。このストリッピング手術をすれば再発率を低く抑えることができるのですが、周りに存在する知覚神経にダメージを与える可能性もあります。そのため、担当の血管外科医と相談して治療方法を決める必要があります。

手術が終わったら、数日は包帯を巻いて生活することになりますが、それ以降は弾性のストッキングに履き替えます。それ以外は、基本的にいつも通りの生活を送ることが可能です。しかし、手術後ですので激しく足を動かしたり走ったり運動したりといった行為は避けた方が無難でしょう。

術後は、経過を見つつ決めることになりますが、通常は1週間後に抜糸をすることができるはずです。非常に簡単な治療法の1つになりますので、一度担当の医師と話し合ってみるとよいでしょう。

手術なしで下肢静脈瘤を治療するには?

悪い病気が見つかったら手術しなければならないと考える方も多いかもしれませんが、同時に手術は怖いからしたくないと感じる方はたくさんいらっしゃいます。下肢静脈瘤も、症状によっては手術をしたほうがよいケースがあります。下肢静脈瘤は手術自体も簡単に終わるものですが、手術をせずに症状を回復させる方法も存在します。

具体的には、生活習慣を改善することによって下肢静脈瘤の症状を和らげたりすることができますし、弾性のストッキングを着用することによって症状をよくすることができます。しかし、薬物治療や外科治療とは異なり、根本的な下肢静脈瘤の治療ではありませんので勘違いしないようにしましょう。

例えば日常生活において、定期的に運動を行ったり患部をマッサージすることによって症状がよくなる場合もあります。下肢静脈瘤は、足の静脈の弁が壊れることで血液が心臓にうまく戻らなくなることで発生する病気です。つまり、人工的に血液を戻すことができれば症状をやわらげることができるのです。

じっと立っていると血液が重力に負けて心臓に戻っていかないので、運動をして足を刺激してあげたりマッサージで足の下の方から付け根のほうに向かって揉んであげたりするのもよいでしょう。また、単純に寝転んで足を高く上げるだけでも効果がありますので、気軽にできるのではないかと思います。とりあえず今は保存的治療をしたいという方は、ご自身でできるところから始めていきましょう。

下肢静脈瘤の硬化療法

硬化療法とは、下肢静脈瘤の症状が出ている部分に、直接注射をして固めてしまうといった治療法になります。固めてしまうとなんだかよくないような気もしますが、実際にこの硬化療法によって下肢静脈瘤の症状がなくなるケースも多いです。単純に、治療によって血管が固くなることから硬化療法と呼ばれています。

具体的には、静脈瘤に直接硬化剤を注射します。硬化剤を打つことによって、静脈が損傷されることになるため、盛り上がりを目立たなくさせることができます。硬化剤によって静脈を癒着させれば小さくなりますので、血液がたまることによって発生するだるさやむくみなどを解消させることが可能なのです。

硬化療法は、わずか10分程度で終わってしまう治療法です。また多くは、1回から2回の治療で済んでしまいますので、非常に簡単な治療法の1つと言えるのではないかと思います。ただし、静脈瘤の症状が大きく現れている状態に利用しても効果がない可能性がありますので、ご自身の状態を把握したうえで利用する治療法を決める必要があります。

もちろんご自身で判断することはできないかと思いますので、担当の血管外科医と相談しながら適切な治療法を決めていくことになるのではないかと思います。最近は、硬化剤だけではなく硬化剤に空気を混ぜたフォーム硬化療法が一般的になっています。

下肢静脈瘤の血管内治療

下肢静脈瘤の治療法の1つに、血管内治療が挙げられます。例えばストリッピング手術は、静脈を取り除いてしまいます。しかし血管内治療では静脈を体内で焼いて塞いでしまう治療法です。それでは、血管内治療は具体的にどのようにして行われるのでしょうか?

血管内治療では、静脈の中にカテーテルを入れて内側から熱を加えて焼いてしまいます。静脈を焼いてしまうと固く縮むことになりますし、治療をしてから半年くらいたてば体に吸収されてなくなってしまいます。手術自体は、局所麻酔で細い管を体内に差し込むだけですので、ストリッピング手術と比べても体に負担の少ない治療法と言えるのではないかと思います。

血管内治療には、大きく2つの方法があります。1つがレーザーを用いるレーザー治療、もう1つが高周波を利用した高周波治療になります。基本的にどちらの方法にも保険が適用されていますし、術後の痛みも少ないです。また、体内にカテーテルを入れるのですが、皮下出血も最小限に抑えられるため、あらゆる面でメリットの高い治療法と言えるのかもしれません。

しかし、症状などによってはこの血管内治療が適していないケースもあるでしょう。まずはご自身の下肢静脈瘤の症状を把握して、担当医と相談しながら適切な治療方法を見つけていくようにすればよいと思います。足のふくらみが気になってきたら、とりあえず血管外科を受診してみてもらうようにしましょう。

治療の流れ

初診(1日目)

受付

初診の方は問診表の記入をしていただきます。

問診

視診・触診にて足の状態を診ます。

超音波検査

血栓の有無・静脈瘤の原因となる血管を超音波で確認します。

診察

治療方法をご説明・ご相談します。

  • 血管内レーザー/高周波治療(保険治療)
  • 血管内レーザー治療(自費治療)
  • その他(結紮術・硬化療法)(保険治療)
  • その他(皮膚照射レーザー)(自費治療)

当日(2日目)

術前検査
  • 術前検査として採血及び心電図を行います。
血液検査項目

血液一般(貧血検査)・血液型・凝固検査
生化学検査・免疫学的検査(感染)

  • ご希望の方は、初診当日に行うことも可能です。

血液検査結果に4日程かかりますので、最短でも4日後の治療になります。

 
診察
  • 当日の体調の確認
  • 承諾書を記入していただきます。
更衣
  • 更衣室にて手術着に着替えます。
治療
  • モニター(血圧・酸素飽和度)を体につけます。
  • 超音波で治療部位に印を付けます。
  • 印を付けた所に局所麻酔をします。
  • ファイバーを静脈内に入れ、血管の内側から治療します。
  • レーザー/高周波を照射している時間は数分です。
  • 治療終了後、弾性ストッキングをはいていただきその後着替えていただきます。
  • すぐに歩くことができます。
診察
  • 治療後の注意事項や今後の経過観察について観察について説明いたします。
  • その後、すぐにご帰宅いただけます。

経過観察(1週間後)

診察
  • 1週間後の経過状態を伺います。
超音波検査
  • レーザー/高周波治療した血管の状態を確認します。
診察
  • 超音波検査での血管の状態を説明します。
  • 今後の弾性ストッキングの履き方を指導します。

弾性ストッキングのご紹介

弾性ストッキングは脚部のむくみや血管の浮きなど、静脈環流障害の方に医師の指導のもとでご使用いただくものです。足を圧迫することにより(図1:圧迫療法)、血液のうっ滞を取ることを目的にしており、特殊な編み方により、足をしっかりと圧迫するように作られています。圧迫力は足首から上にいくほど段階的に低くなるように作られておりますので、血液が心臓方向へと流れやすくなり、静脈環流が自然に促されます。

弾性ストッキングの圧迫力はいくつかに分かれており、その圧迫力により治療効果が異なってきます。また、足の太さに応じてサイズが分かれているため、足首とふくらはぎの太さを測ってサイズを決めます。正しく使用しないと十分な効果を得られないため、医師の指導のもと適切なストッキングをご使用いただく必要があります。

弾性ストッキングの着用は静脈瘤の根本的な治療にはなりませんが、足のむくみや痛み、だるさなどの症状は軽減しますし、静脈瘤の予防にもなります。

ハイソックス

ハイソックス

ストッキング(両足)

ストッキング(両足)

マタニティー

マタニティー

パンティーストッキング

パンティーストッキング

図1:圧迫療法

圧迫療法 圧迫療法 圧迫療法

 

ページの先頭に戻る