【診療時間】9:00-12:00 / 15:30-18:00 【休診】木午前・土午後・日・祝

03-6380-6252(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)
初診の方へ(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)アクセス(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)ご予約・お問い合わせ(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)

四ツ谷駅徒歩2分・駐車場有・各種保険対応
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-8-14 四谷1丁目ビル2F

論文・著書・学会発表についてのご紹介
血管外科は東京新宿区にある四谷・血管クリニックへ

論文・著書・学会

下肢静脈瘤などの静脈瘤の治療は東京新宿区の四谷・血管クリニックへ

医師のご紹介

医師のご紹介

ご挨拶、略歴、所属学会、論文、学会発表、著書などのご紹介

レーザー/高周波治療について

保険レーザー治療について

当院では、今までに保険収載された血管内レーザー治療機器に加え、平成27年12月に新たに保険収載されたレーザー機器もすでに導入しています。

皮膚照射レーザーについて

皮膚照射レーザーについて

皮膚照射レーザーの施術動画や治療の流れについて

手の甲の血管が気になる方へ

手の甲の血管が気になる方へ

レディエッセとは、皮膚充填剤による治療とは?など

メール相談はこちら

がんリスクスクリーニング 予約にて承っております

四谷血管BLOG

研究リスト

医療関係者の方へ

ドクターズ・ファイル

mobile

携帯電話専用ページは左記のQRコードよりご覧ください。

CLINIC INFORMATION(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)

四谷・血管クリニック

血管外科(下肢静脈瘤センター)
内科・放射線診断科

【所在地】
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-8-14
四谷1丁目ビル2F

【アクセス】
JR四ツ谷駅 四ツ谷口徒歩2分
地下鉄丸ノ内線 赤坂口徒歩2分
地下鉄南北線 2番出口 徒歩30秒

有料駐車場有り

医院紹介(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)

診療時間(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)

地図(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)

院内写真(東京都新宿区の下肢静脈瘤診療専門)

論文原著

  • 1. J. Hosaka, S. Roy, K. Kuroki, Z. Xian, K. Kvernebo, I. Enge, F. Laerum. Placement of a Spring filter during interventional treatment of deep venous thrombosis to reduce the risk of pulmonary embolism. Acta Radiologica. 40. 545-551. 1999(ノルウェーオスロ大学学位の一部)
  • 2. Junro Hosaka, Sumit Roy, Knut Kvernebo, Ivar Enge, Frode Laerum. In vivo evaluation of the adjustable temporary venous Spring filter and RF02 temporary filter: comparative study. Academic Radiology. 6. 343-351. 1999(ノルウェーオスロ大学学位の一部)
  • 3. Junro Hosaka, Sumit Roy, Knut Kvernebo, Ivar Enge, Frode Laerum. In vitro function of an adjustable temporary venous Spring filter: comparison with the temporary RF02 filter and the permanent Greenfield vena cava filter. Acad Radiology. 5. 620-625. 1998(ノルウェーオスロ大学学位の一部)
  • 4. Junro Hosaka, Sumit Roy, Knut Kvernebo, Ivar Enge, Frode Laerum, Adjustable Temporary Venous Spring Filter: In Vitro Assessment, Acad Radiol. 4. 513-518. 1997(日本医科大学学位)
  • 5. Junro Hosaka, Sumit Roy, Knut Kvernebo, Ivar Enge, Frode Laerum, Induced Thrombosis in the Pig Inferior Vena Cava: A Model of Deep Venous Thrombosis, Journal of Vascular and Interventional Radiology. 7. 395-400. 1996(ノルウェーオスロ大学学位の一部)
  • 8. Hosaka J, Kvernebo K, Laerum F: In Vitro Assessment of the DIL and Greenfield Vena Cava Filter System. Frontiers Eur Radiol. 9. 177-186. 1993(ノルウェーオスロ大学学位の一部)

(和文原著)

  • 1. 保坂純郎, 日高史貴, 小野澤志郎, 高木郁代, 隈崎達夫. EVLT(endovenous laser treatment):出力の血管閉塞率と合併症に及ぼす影響. 静脈学. 18. 7-11. 2007
  • 2. 保坂純郎, 日高史貴, 小野澤志郎, 高木郁代, 隈崎達夫. EVLT(endovenous laser treatment) - 出力の血管閉塞率と副作用に及ぼす影響. 静脈学. 17. 90. 2006
  • 4. 保坂純郎, 隈崎達夫, 松田亮. 下肢静脈血流の生理―呼吸法の弁挙動と血流におよぼす影響―. 静脈学. 14. 291-295. 2003
  • 5. 保坂純郎, 隈崎達夫. 高性能超音波装置による静脈弁機能の評価-正常例と下肢深部静脈血栓症例および下肢静脈瘤症例の比較-. 静脈学. 12. 71-76. 2001

論文総説

  • 1. 保坂純郎. 足病変に対する医療フットケア 足病変を招く疾患 状態の理解 3 静脈瘤性潰瘍. 看護技術. 54. 124-125. 2008
  • 2. 保坂純郎. 下肢静脈瘤のIVR1 レーザー治療. 臨床画像. 23. 216-226. 2007
  • 3. 保坂純郎, 隈崎達夫. 下肢静脈疾患診断法. Angiology Frontier. 2. 183-188. 2003
  • 4. 保坂純郎. 下肢静脈疾患に対する新しい画像診断法の開発と臨床評価. J Nippon Med Sch. 69. 460-462. 2002
  • 5. 保坂純郎, 隈崎達夫. 静脈系疾患の画像診断とIVR 四肢静脈疾患の画像診断. 臨床画像. 17. 1176-1186. 2001
  • 6. 保坂純郎, 隈崎達夫. 下肢静脈超音波検査-静脈弁の描出と機能評価-. Vascular diseases and therapies update. 5. 1-3. 2001
  • 7. 保坂純郎, 隈崎達夫, 渡辺典男. デジタルイメージングの落とし穴 CR編 IV CRによる検査・診断の落とし穴 5 造影検査診断のポイント. INNERVISION. 15. 56-59. 2000
  • 9. 保坂純郎, 隈崎達夫. シリーズ 画像診断 撮影から読影のコツ(45). 治療. 70. 2449-2454. 1988

著書

(欧文著書)
1. (単独)Junro Hosaka. Preclinical evaluation of the temporary venous "Spring filter" for prevention of pulmonary embolism. ISBN 82-7722-116-9. University of Oslo. 1998(ノルウェーオスロ大学学位)

(和文著書)
1. (分担)保坂純郎, 岡田進, 田島なつき, 隈崎達夫. 現場で役立つ臨床MRIシリーズ 2, MR hydrographyとMR angiography:水と流れの画像, 7 静脈系. 杉村和朗監修, 渡邊祐司編集. 232-242. Medical View社. 1999

学会発表

【国際学会】

(シンポジウム)
  • 1. Junro Hosaka, Fumitaka Hidaka, Ikuyo Takagai*, Ryo Takagi, Satoru Murata, Hiroyuki Tajima, Tatsuo Kumazaki. Ultrasound-guided sclero-therapy to occlude insufficient perforating vein. 6th symposium of the Scandinavian Japan Radiological Society. Stockholm, Sweden. 2006, 9.
  • 2. Junro Hosaka, Fumitaka Hidaka, Shiro Onozawa, Ryo Matsuda, Tatsuo Kumazaki. Endovenous laser treatment of insufficient saphenous vein: an idea to reduce minor complications. Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe. Nice, France. 2005, 9.
  • 3. Junro Hosaka, Shiro Onozawa, Humitaka Hidaka, Ryo Matsuda,Tatsuo Kumazaki. In vivo assessment of endovascular laser treatment of the vein Japan-Scandinavia Radiological Society. Yamagata. 2004, 9.
  • 4. Junro Hosaka, Tatsuo Kumazaki, Hiroyuki Tajima, Satoru Murata, Madoka Nakahara, Ken Nakazawa. Venography: computed radiology (CR) v.s. film-screen system. Japan Scandinavian Radiological Society - Progress in Radiology. Oslo. 2001, 5.
  • 5. J Hosaka, T Takigawa, K Cho, K Ito, N Tajima, S Okada, T Kumazaki. Effect of body position on lower limb venous blood flow, 5-th Japan-Scandinavian Symposium - Progress in Radiology. Stockholm, Sweden. 1996, 6.
  • 6. Tajima N, Hosaka J, Tajima H, Ito K, Cho K, Kumazaki T. MR venography of variose vein. 5-th Japan-Scandinavian Symposium - Prgress in Radiology. Stockholm, Sweden. 1996, 6.
  • 7. Tajima H, Hosaka J, Tajima N, Kumazaki T. Superselective local infusiontherapy with tissueplasminogen activator for acute massive pulmonary thromboembolism. 5-th Japan-Scandinavian Symposium - Prgress in Radiology. Stockholm, Sweden. 1996, 6.
  • 8. J. Hosaka, S. Roy, K Kvernebo, F L?rum. New, in vivo deep venous thrombosis models using pig's inferior vena cava. 1st Japan-Scandinavian Symposium. Tokyo, Japan. 1993, 11.
  • 9. Hosaka J, Line P, Enge I, L?rum F. A new, adjustable temporary venous spring filter and Filcard temporary catheter - in vtro and in vivo experimantal studies. International symposium vena cava filters. Poitiers, France. 1992, 10.
(一般口演)
  • 1. Junro Hosaka, Tatsuo Kumazaki. Visualization of the venous valves and analysis of the venous flow in the whole lower extremities by ultrasound. 14th world congress of the union internationale de phlebologie. Roma. September 2001, 9.
  • 2. Cho K, Kumita S, Kijima T, Tajima N, Hosaka J, Mizumura S, Ishihara M, Okada S, Kumazaki T. Discrepancy between Tc-99m MAA and Tl-201 Leg perfusion scintigraphy. The 6th Asia & Oceania Congress of Nuclear Medicine and Biology, 1996, 10.
  • 3. J. Hosaka, K. Inoue, J. Ando, K. Cho, K. Itoh, S Okada, T. Kumazaki. Usefulness and complication of the temporary inferior vena cava filters. Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe. Prague, Czech Republic. 1999, 9.
  • 4. J Hosaka, T Takigawa, K Cho, K Ito, N Tajima, S Okada, T Kumazaki. Effect of body position on lower limb venous blood flow, Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, Madeira, Portugal. September 1996, 9.
  • 5. Hosaka J, Roy S, Kuroki K., Xian G, Laerum F, Kumazaki T. In vivo evaluation of the temporary venous "Spring-filter" -combined with local interventionaltreatment of the deep venous thrombosis. Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe, Creta, Greece. 1994, 6.
  • 6. Hosaka J, Roy S, Kuroki K., Xian G, Laerum F, Kumazaki T. In vivo evaluation of the temporary venous "Spring-filter" -combined with local interventional treatment of the deep venous thrombosis. 51th Scandinavian Society of Radiology. Oslo, Norway. 1994, 6.
  • 7. J. Hosaka, K Kvernebo, I. Enge, F Laerum. In vivo evaluation of temporary venous filters: Comparison of "Spring-filter" with Filcard filter. 8th European Congress of Radiology. Vienna,Austria. 1993, 9.
  • 8. J. Hosaka, S. Roy, K Kvernebo, I. Enge, F Laerum. Inferior vena cava thrombosis: A new, in vivo model in pigs. 8th European Congress of Radiology, Vienna, Austria. 1993, 9.
  • 9. Hosaka J, Enge IP, Kvernebo K, Line PD, Laerum F. A new, temporary, adjustable venous filter - in vitro and in vivo experimental studies. 50th Scandinavian Society of Radiology. Reykjavik, Island. 1992, 6.
  • 10. Hosaka J, Kvernebo K, Laerum F. In vitro experimental assessment of the DIL and Grenfield vena cava filter system. Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe. Oslo, Norway. 1991, 5.
  • 11. Hosaka J, Kumazaki T, Ito K, Hayashi H, Kawamata H, Ebata K. Transcatheter arterial embolizationof hepatic trauma in comparison with conservative treatment. 17th Internatinal Congress of Radiology. Paris, France. 1989, 7.
  • 12. Ohya T, Kumazaki T, Ito K, Gemma K, Hosaka J, Kawamata H, Ebata K. CT diagnosis of thrombosed type aortic dissection. 17th Internatinal Congress of Radiology. Paris, France. 1989, 7.
  • 13. Hayashi H, Kumazaki T, Kawamata H, Komata K, Hosaka J, Ebata K, Asano G. Organ edema induced by intravenous administration of contrast media; Physiological and pathological experiments on rats. 17th Internatinal Congress of Radiology. Paris, France. 1989, 7.

【国内学会】

(教育口演)
  • 1. 保坂純郎. 下肢静脈瘤に対する血管内レーザー治療法(EVLT)の実際.心臓血管放射線研究会, 東京. 2007, 1.
  • 2. 保坂純郎. EVLT(endovenous laser treatment)の基礎と臨床. 日本画像医学会. 東京. 2006, 2.
(ランチョンセミナー)
  • 1. 保坂純郎. 下肢静脈瘤治療の最前線-低侵襲治療法を中心に-. 第1回日本IVR学会関東地方会. 東京. 2006, 7.
(基調講演)
  • 1. 保坂純郎. 静脈の画像診断. 第4回日本放射線技術学会東京部会技術シンポジウム. 東京, 2003, 10.
(シンポジウム)
  • 1. 保坂純郎, 日高史貴, 高木郁代, 汲田伸一郎. 超音波ガイド下不全穿通枝硬化療法の有用性. 第27回日本静脈学会総会. 京都. 2007, 6.
  • 2. 保坂純郎, 日高史貴, 高木郁代, 汲田伸一郎. 下肢深部静脈血栓症に対する超音波検査の最近の動向. 心臓血管内視鏡学会. 東京. 2006, 10.
  • 3. 保坂純郎, 松田亮, 隈崎達夫. 静脈疾患の画像診断-特に弁機能解析を中心に-. 第43回日本脈管学会総会. 東京. 2002,11.
  • 4. 保坂純郎. 下肢静脈疾患に対する新しい画像診断法の開発と臨床評価. 第21回日本医科大学医学会公開シンポジウム. 東京. 2002, 6.
  • 5. 保坂純郎, 弦間和仁, 片山信仁, 伊藤公一郎, 大矢徹, 田島廣之, 奥山厚, 隈崎達夫, 惠畑欣一. 腹部実質臓器の外傷性出血に対するTAEの有用性. 第2回日本外傷研究会. 1988, 5.
(パネルディスカッション)
  • 1. 保坂純郎, 隈崎達夫. 下肢静脈瘤の診断 - 超音波検査と造影検査. 第21回血管無侵襲診断法研究会. 岐阜. 2001, 6.
(トピックス)
  • 1. 保坂純郎, 日高史貴, 小野澤志郎, 隈崎達夫. 下肢静脈瘤に対するEndovenous laser treatment (EVLT)の初期経験. 血管内治療学会. 東京. 2005, 7.
(講演)
  • 1. 保坂純郎. 下大静脈フィルターについて. 第34回東京ステント懇話会. 東京. 1996, 7.
(海外留学者講演)
  • 1. 保坂純郎. ノルウェー、オスロ大学への留学 -静脈フィルターに関する基礎的研究及び臨床放射線医としての経験-. 第62回日本医科大学医学会総会. 1994, 9.
(一般口演 金賞受賞)
  • 1. 保坂純郎, 隈崎達夫, 松田亮. 下肢静脈瘤患者における穿通枝の動画像による評価. 第13回医用デジタル動画像研究会. 神戸. 2002, 10月.
(一般口演 銀賞受賞)
  • 1. 保坂純郎, 隈崎達夫, 松田亮. 超音波検査による下肢全域静脈弁機能評価. 第12回医用デジタル動画像研究会. 東京. 2001, 10.
(一般口演)
  • 1. 保坂純郎, 日高史貴, 小野澤志郎, 高木郁代, 隈崎達夫. EVLT(endovenous laser treatment)-出力の血管閉塞率と副作用に及ぼす影響. 第26回日本静脈学会総会. 旭川. 2006, 6.
  • 2. 保坂純郎, 松田亮, 日高史貴, 小野澤志郎, 隈崎達夫, 大森裕也, 山内仁紫, 清水一雄. 下肢大伏在静脈瘤に対する治療戦略―collaborationと血管内治療―. 日本脈管学会. 札幌. 2004, 10.
  • 3. 保坂純郎. 下肢静脈瘤に対するEndovenous Laser Treatment (EVLT) -動物実験による評価と臨床応用-. 千駄木脈管カンファレンス. 東京. 2004, 9.
  • 4. 保坂純郎, 小野澤志郎, 日高史貴, 松田亮, 隈崎達夫. 血管内レーザー照射による静脈閉塞法(EVLT)のin vivoにおける評価. 第24回日本静脈学会総会. 三重. 2004, 6.
  • 5. 保坂純郎, 松田亮, 隈崎達夫. 下肢静脈瘤患者における下腿部穿通枝の血行動態解析. 第62回日本放射線学会総会. 横浜. 2003, 4.
  • 7. 保坂純郎, 松田亮, 隈崎達夫. 下肢静脈血流の生理 -呼吸法の弁挙動と血流におよぼす影響-. 第22回日本静脈学会総会. 金沢. 2002, 6.
  • 9. 保坂純郎, 隈崎達夫. 超音波検査による下肢全域にわたる深部静脈弁の描出と静脈血流の評価. 第21回日本静脈学会総会. 岐阜. 2001, 6.
  • 10. 保坂純郎, 隈崎達夫, 田島廣之, 村田智, 市川和雄, ニゲマンパスカル, 館野展之, 宮本安盛, 上玉麻子, 超音波検査による下肢全域の静脈弁の描出と機能評価の試み. 第60回日本放射線学会総会. 神戸. 2001, 4.
  • 11. 保坂純郎, 隈崎達夫. 高性能超音波装置による静脈弁機能の評価 -正常例と下肢深部静脈血栓/静脈瘤症例の比較-. 第20回日本静脈学会総会. 宇部. 2000, 6.
  • 12. 保坂純郎, 趙圭一, 伊藤公一郎, 岡田進, 隈崎達夫. 超音波検査による下肢深部静脈弁機能評価の試み. 第59回日本放射線学会総会. 横浜. 2000, 4.
  • 14. 保坂純郎, 矢野潔, 片桐究代, 伊藤公一郎, 岡田進, 隈崎達夫. 深部静脈血栓に対する intervention療法下でのtemporary spring filterの有用性:in vivo下大静脈血栓モデルでの検討. 第58回日本放射線学会総会. 東京. 1999, 4.
  • 17. 保坂純郎, 岡田進, 隈崎達夫. 血栓形成による内腔占拠を来したAntheor temporary filterの1例. 第10回関東IVR研究会. 東京. 1998, 7.
  • 31. 保坂純郎, 伊藤公一郎, 田島なつき, 岡田進, 隈崎達夫. 深部静脈血栓に対する局所療法とtemporary venous "Spring-filter"の有用性について -in vivo下大静脈血栓モデルでの検討-. 第55回日本医学放射線学会総会. 1996, 4.
  • 49. 保坂純郎, 隈崎達夫. 短期留置用静脈フィルターの開発と機能評価 -ブタにおけるFilcard filterとの比較-. 第53回日本医学放射線学会総会. 1994, 4.
  • 58. 保坂純郎, 弦間和仁, 大矢徹, 天野康雄, 赤沼弘勝, 川俣博志, 高木亮, 隈崎達夫, 惠畑欣一. 肝外傷に対するTAE - 循環動態と臓器損傷程度. 第48回日本医学放射線学会総会. 1989, 4.
  • 64. 保坂純郎, 弦間和仁, 片山信仁, 伊藤公一郎, 大矢徹, 田島廣之, 奥山厚, 隈崎達夫, 惠畑欣一. 腹部実質臓器の外傷性出血に対するTAEの有用性. 第47回日本医学放射線学会総会. 1988, 3.
  • 66. 保坂純郎, 林宏光, 赤沼弘勝, 高橋政之, 汲田伸一郎, 山本彰, 稲垣禎彦, 伊藤公一郎, 田島廣之, 大矢徹, 宮下次廣, 奥山厚, 隈崎達夫, 惠畑欣一. 腹部実質臓器の外傷性出血に対するTAEの有用性. 第63回日本医科大学医学会例会. 1987, 11.
  • 70. 保坂純郎, 弦間和仁, 汲田伸一郎, 高橋政之, 伊藤公一郎, 片山信仁, 大矢徹, 細井盛一, 隈崎達夫, 惠畑欣一. 腹腔内大量出血を来たしTAEにて緊急手術を回避し得た右胃動脈瘤破裂の一例. 第362回日本医学放射線学会関東地方会. 1987, 3.
ページの先頭に戻る